生活習慣病対策 

February 27 [Fri], 2009, 11:53
生活習慣病の大きな引き金はカルシウム(Ca)不足からきていることを皆さんご存じだろうか。昭和40年を境に日本人の食が大きく様変わりした事実を。スーパー、コンビニで扱う食材に、保存のための食品添加物が多く使われている。細胞が必要としないものが洪水の如く入ってくる。体内のCaを虐めている。外国と違って水でCaが摂れない我が国。食塩はナトリウム過剰摂取で、体内のCaをオシッコと一緒に流していまう。食品・お菓子・漬物等に使われている塩は殆どナトリウム99%以上の塩だ。白砂糖は酸性の代表だ、ビタミン・ミネラルを一つも持たない。体内に入ると中和のために体内Caが消費される。血中Ca濃度は100cc中10mgが保てない。毎晩のように副甲状腺が自分の骨を溶かして補う。こんなことを5年も10年も続けていれば当然骨粗鬆症にもなる。溶かし過ぎた悪玉Caが血管内壁に溜まる。コレステロールも付着する。その結果、血管内空が狭くなる。心臓は一定のリズムで血液を送る。当然血圧も上がる。血管に溜まらなかったCaが心臓の筋肉にも溜まる、心筋梗塞の要因。腎石・胆石・尿道結石・ポリープの原因だ。今こそ、しっかりとCa対策と食改善が急務だ。Caは細胞の恒常性を維持するために無くてはならない一番大切なミネラルだ。ここを医療関係者が説明しない。個々が賢くならなければ健康体は維持できない。
 私たち(食生活を考える会)は今、山陰地方を中心に毎月、食生活改善セミナーを開催しています。
3月は下記日程にて、いずれも午後1時半より開催します。(2時間程度、試食もしていただきます)
3月 5日 鳥取市浜村駅前 商工会  3月9日 松江プラバホール
3月11日 江府町下蚊屋(大岩邸)   3月12日 米子市文化ホール
3月14日 境港市渡西会館       3月16日 安来市和鋼博物館
3月18日 鳥取さざんか会館      3月26日 津山市総合福祉会館
参加は無料です。ご希望の方は、試食の準備もございますので、前日までにご連絡ください。
連絡先 daitama1203@ybb.ne.jp (食生活を考える会 高橋)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高橋正憲
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1950年4月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:鳥取県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる