自分の人生を生きるために 

2018年01月01日(月) 0時00分
自分と他人の境界線がわからないと、自分の人生を生きるのが難しくなる事があります。

人生、周囲の想いを汲んでばかりでは生きられません。
時には周囲の想いを裏切ってでも進んで行かなければいけない状況になる事があります。
その多くが、進学や就職、結婚など、人生の分岐点で訪れます。


他人の想いを感じとり汲んであげるのは優しさ、その想いに負け潰れてしまうのは弱さです。


自分の人生を生きるためには、周囲の想いを汲んでも(優しさ)、その重さに負け(弱さ)ずに進んで行く強さが必要です。


そして、優しさと弱さの境界線は、
あなたと人との境界線でもあるのです。


機能不全の家庭で育った、いわゆるアダルトチルドレンと言われる方々は、潜在的に自分の感情を抑圧してしまうため、これらの区別や境が曖昧なまま大人になり、無意識に自分の人生を放棄し、無気力なまま生きる傾向があります。


最終的に自身の人生の責任を負うのは自分自身です。
人生の責任を負う日はいつか必ずやって来ます。
世間の風潮、他人の想い、そんな第三者の価値観が主体となった人生の責任を本当に負いたいですか?
あなたの人生を創れるのはあなただけです。

自分の価値観で人生を生きましょう!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さかさまつげ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる