のんびり日曜日 

November 16 [Sun], 2003, 23:59
まったり、ゆったーりの日曜日。

朝、教会に行って、
なんだかよくわからないまま2度お金を払い
(たぶん寄付?)
最後にAU$2だして新聞のようなものを買った。
Veronicaの分と私の分と。
ナゼ私が彼女の分も…???

日曜の礼拝に行くの初めてで、
喋っているのは英語だし、
まったくわからなかった。
一度、私を置いて席を立って前方に行ったVeronica。
あとで『どうして私にそのまま席にいろって言ったの?』ときいたら、
『だってクリスチャンじゃないでしょ?』って。
クリスチャンのみ前のほうに行くんだったのかな。
Shailaは教会の聖歌隊の一員なので、
歌声を初めて聴いた。
といってもどれが彼女の声なのかよくわからないのだけど。
でも聖歌隊の歌声はきれいだった。

帰ってきてランチまで眠って、
庭でまったりして、
15時過ぎにVeronicaとビーチへ。
細かいお金がなくて、
AU$20札を持っていって帰りはバスだと思っていたから
ちゃんと両替できるかなとかドキドキしていたら、
帰りもSheilaが迎えに来てくれた。
海はちょっと寒かったけれど、
白い砂浜できれいだったナー。

帰ってきてから、Veronicaとパン&ティーして、
私の部屋でボーイフレンドのこととかちょっと話して、
英語でのe-mail,letterの書き方を教わった。

夕食は、ごはん!米!こめ!
なんてーか、米の味がしない米だった。
作ってもらって悪いけれど、おいしくない…。
ごはんの上にポーク?&にんじん&セロリ…、
そしてトマトソーステイストをのせたもの。

味噌汁とごはんが食べたい。


明日から学校だ。
のんびりできる日曜は今日で最後…かな?

初めての洗濯 

November 15 [Sat], 2003, 23:59
オーストラリアに来て初めての洗濯。
何をするにもドキドキだ。
Sheilaが使い方を教えてくれる。
すぐさま、忘れないようにメモする。

下着と靴下は手洗いするように言われる。
ジーンズ・黒のTシャツ・ショートパンツは別にして、
2度洗濯をした。

*

買い物に付き合った。
私の大好きなズッキーニを発見!
今度食べたい!って言ってみよう。
そういえば、ビールとかアルコール飲んでいないなぁ。
飲みたいなぁ。

*

日本にいるときに歯はしっかり治してきたのに、
右上の歯で黒っぽいのを発見。
先生、しっかり治してくれたんじゃなかったの…?
虫歯だったらどうしよう。
(海外旅行保険は歯科治療はきかないので実費。しかも高額。)

*

19:20~20:00くらいまで、
SheilaとVeronicaと3人で散歩。
近所を歩く、歩く、歩く。
Sheilaはダイエット中なのだ。

*

リビングでラグビーの試合を観る。
AUS vs NZ。
ルールは知らないし、
アナウンサーは英語だし、
観ててもちっともわからん。

携帯電話物色/久々の日本食♪ 

November 14 [Fri], 2003, 23:59
11時過ぎにエージェントへ。
携帯電話のことを聞いて、
wooly(ウールワースというスーパー。ウーリーと呼ぶ)に
携帯が安く売っていたという情報を教えてくれ、
そのwoolyとオプタスショップ(携帯電話を売っているお店)の場所を聞き
行ってみる。
でもよくわからん!
woolyは入り口に『お買い得品!』のように携帯電話の箱が積まれていて、
初めて海外で携帯を持つというのに、
何の説明も受けずここから自分で選ぶのに躊躇して。
選んだあと、どうしたらいいのよー?
こんなに手軽に携帯って買えちゃうものなの??
オプタスショップはたくさんの携帯が置いてあって、
どれがいいのか全然わかんないし。
結局今日は買わなかった。

銀行に行き、語学学校の学費代と
とりあえず、携帯を買うためのお金を引き出す。
AU$1,500も引き出してドキドキ。
ついでに今週の為替レートを聞く。
今更聞いても仕方ないんだけど。
月曜日が一番良かったけれど、月曜日はまだAUSにいなかったもんねー。
私が両替した火曜日が今週2番目に良かったのでほっとした。
でも、他の銀行だったら手数料を取られなかったかもしれないし、
きちんと調べればよかった。←まだ言っている。

昼に初めて買い食い。
クロワッサン、おいしかった。
そのあと日本食も買った。
もう我慢できなくて。
ひさびさのこめ~~~~~。うまーーーーーっ!!
woolyの入り口にある日本食のお店で、
お寿司(のりまき6コ入り)とお茶。
お茶がAU$2.2で高くてびっくりしたけど、
これくらいするのも仕方ないのか。
日本にいるときからAUS関連のサイトで知っていた、
ウワサのTIMTAMも初めて買った♪

エージェントに行ったときに、
隣の椅子に座っていた子たちが
偶然PICEの生徒だと知り、
ちょっとお話した。
入学前に知り合いができて心強いゾー。

朝:パン、シリアル+バナナ

語学学校決定! 

November 13 [Thu], 2003, 23:59
私が住んでいるclaremontには
エーディスコーワンという大学がある。
大学付属の語学学校もある。
ホストマザーのSheilaは、
学校が家から近いし
今まで自分の家にステイしてきた子たちが皆
エーディスコーワンに通っていたので、
エーディスコーワンはどうだろうとすすめてきた。

全然考えていなかった学校なので、
まずはエージェントに電話して
エーディズコーワンの見学予約をしてもらい、
学校に行ってみた。

家からてくてく歩いて坂道をくだり、
大きい通りに出て、道を渡って、
今度は坂道をのぼっていく。
けっこう歩く。歩けない距離じゃないけど。
通うとなったら毎日この坂道か。

自然がいっぱいで勉強するにはとても良さそうな環境だった。
うーん、悩む。


今日、電話で話した人は◎だったけれど、
エージェントの人ってあんまり親切じゃないかも?????
エージェントの入り口付近に座っている人もなんかなー。
私の担当者は早口だし。
なんか親身になってくれている気がしない。
でも相談してみるかー。

Cityに出て、もう一度ACEに行く。
外のcafeで勉強している若い日本人男女を見かけたので、
思い切って声をかけてみた。
なんと二人は夫婦で、ACEに入ったばかりだった。
学校の様子、感想なんかを聞く。

ACEは、あくまで私の印象だけど、
多国籍の気がしない。
私は、アットホームな学校、
こじんまりしている学校、
1クラスが少人数の学校を希望しているのだけど、
たいしてアットホームにみえなかった。

レベル分けがしっかりしている。
多国籍。

この二つに重点を置いて、
ミルナーかエーディスコーワンにしよう!と決定。

近くにいたおばさんに聞きながら、
初めてレッドキャットに乗ってみた。
レッドキャットは市内を無料で走るバス。
おばさんも一緒に乗った。

そしてミルナーに到着。
入り口にたくさん人がいた。
日本人の子もいたので、
思い切ってミルナーのことを聞いてみた。

もしもケンブリッジコースを受けるならおすすめだけど、
ジェネラルコースを受けるのなら、
今の時期はオススメできないといわれた。
ミルナーの先生はケンブリッジ試験の試験官にもなるらしく、
今はケンブリッジコースにそういう先生方がかたまっているし、
ケンブリッジコースに力を入れている時期だからと。
あとは、
何をするにも高い!
アクティビティがない、
スイス人は多いけれどスイス人同士でかたまっている、
など教えてくれた。

その子たちが
PICE(ピーアイシーイー)やLLがいいと聞いたことがあると言ったので、
もう一度LLに行ってみた。
でもやっぱり受付の人が冷たくて、×。
エージェントに言ってPICEの見学予約をしてもらった。
PICE、うん、楽しそうだったので決めた!!
授業が終わって残っていた人々は楽しそうだったし、
スタッフもフレンドリーだし、
日本人の比率が多いようなんだけど、
クラス分けの名前を見たら、それほど多く感じなかったし、
(ACEの方が多く感じた)
クラスによってはスイス人とかタイ人とかいろいろいたし、
アクティビティが充実していそうだったし、
教室もいい感じだったので決めた!
スタッフがちょうど近くにいた、
入学して一ヶ月くらいの日本人の男の子に、
私にPICEの感想とか話してあげてと言ってくれて、
いろいろ聞いたのも決め手。


エーディスコーワンは、
アクティビティがさかん(毎週月曜日はアクティビティの日)で、
建物がとても情緒があって、
自然の中で勉強できるし、
ほんと良くて迷ったのだけど、
Claremontに住んでるから
近い地元の学校に通うのじゃなくて、
行動範囲を広げるためにも
City付近に通いたいと思ったから。

とりあえず4週間で申し込んで
Sharehouseをみつけてみる。
もし見つからなかったり、
学校が気に食わなかったら、
エーディスコーワインに行こう。


今日びっくりしたこと。
電車にもチャリを乗せることができる!

駅には改札がないし、
切符を買わずに電車に乗ることってできるかもなーと思っていたら、
ガイドブックに書かれていたとおり、
検札に遭遇。
切符買っておいてよかった。
それから切符は一度購入したら、
所定の時間内だったらその一枚でまた乗ることができると知った。
claremont−City間はアダルト料金でAU$2.
2時間以内に往復するならAU$2ですむんだ。すてき!


朝:シリアル+バナナ、トーストwithチーズ、ティー
夜:サラダ、パン2枚、オレンジジュース
食器洗いが腑に落ちないよー。
すすぎが気にくわなーい。
(日本と違って、洗剤をすすがず、そのまま水切り箱へ)


今家に一人。
留守番中。
強盗入ってきたらどうしよう…
ドキドキする。

語学学校の見学/cottesloeへ 

November 12 [Wed], 2003, 23:59
今日は語学学校見学の日。
電車に乗ってCityに行った。
エージェントから各学校に学校見学の予約をいれてもらっているので、
まずエージェントに行って各学校の地図をもらい、一人で見学に出向く。

いやー、歩いた、歩いた。
そして何度も人をつかまえて、道を聞いた。
道を聞くのはお手のもの?
みんな親切に教えてくれた。

各学校の印象
ミルナー
受付の人がすごく親切。多国籍。
ACE(オーストラリアンカレッジオブイングリッシュ)
渡豪前から、入学しようと思っていた本命の学校。
でも思っていたよりもピンとこず。うーん。
LL(ランゲージリンクス)
キレイな学校だなーって。
アクティビティも良さそう。パース駅も図書館も近くて良い。
だけど案内してくれた人、上っ面の優しさに感じた。

LLを見学したあと図書館に行った。
館内をちょっと見たあと、
なんと図書館内のcafeの向かいにあるソファで
一時間ほど寝てしまった。

そんなこと日本でもしないのに、
初めての場所、しかも海外で、
普段使いの、
ファスナーがない大きな手提げカバンを抱いて寝てしまうなんて、
無防備だ!
でもそんなトコで寝ちゃうなんて、
疲れていたのかも?睡眠不足だったのかも?

図書館のあとエージェントに行き、
そのあと郵便局から日本へ12通手紙を投函し、
電車に乗って帰宅。


帰ってから、Sheilaの運転で、
Veronicaとcottesloe Beach(コテスロービーチ)に
行くことになった。
『海に行く?』と言われて『yes!』と。
断る理由があるだろうか。
cottesloeはとてもきれいなビーチだった。
夕景がまたよかった。


朝:トースト&ホワイトソース+シリアル
晩:サラダ+トースト+オレンジジュース+アイスクリーム
食後のアイスクリームは私とVeronicaのお楽しみ

テーブルセッティングを教えてもらった。
お皿やナイフ、フォーク、グラスの置き方、向きなど。
セッティングは私の仕事だ。

オーストラリア生活のはじまり 

November 11 [Tue], 2003, 23:59
薬、食べ物、土、PC、お金の欄を申告したので、
スーツケースを開けてみせる。
何の問題もなく入国。

エージェントを通して頼んでいたお迎えのFrancoが
私の名前を書いた紙をもって待っていてくれた。
Francoにちょっと待ってもらい、
心の同期(=元職場の上司)から頂いたお餞別を
レートが高かったけれど両替した。
(5,000円≒AU$54 @86.210 commission AU$4)

荷物を持って駐車場に向かっているとき、
サングラスがないことに気がついた。
会ったばかりの彼を信用して荷物を預け、
急いで空港内に戻る。
辺りを見回してもサングラスは落ちていなくて、
これはきっと入国ドアの向こう側にあるんだろうと予想。

近くの航空会社の窓口に行って事情を話し、
(よくガイドブックの旅行会話ページとかに載っているフレーズ、
『I've lost my ~』を使うことになるとは!!)
一旦入国したのに、
そのドアってこちら側からは本来入れないのに、
入れてもらえた。
さっきスーツケースを開けて薬などをみせた場所にいくと
サングラスがあった。
よかったー。お気に入りなんだもん。

Francoは話やすい人。
信号機の背丈が低いのでその話をしたり、
気候の話をしたりしながら、
Claremont(クレアモント)に住む
ホストマザーSheilaのところへ。

Sheilaは70歳。
だんなさんに先立たれ、猫と一緒に住んでいる。

とてもかわいい部屋を用意してくれていた

私からの『お世話になります』letterはまだ届いていなかった。
一緒にこの家にお世話になっているのはVeronica。
アフリカ人。アフリカで小さい子に英語を教えている37歳。
とても明るいお姉さん。

二人ともゆっくりわかりやすく話してくれるし、
私の英語もきちんと聞いてくれる。

Sheilaに車で近くのスーパーや図書館を案内してもらったあと、
Cityまで連れて行ってもらった。
帰りは電車で帰ってくるようにと、駅で切符の買い方とかを教えてもらう。
その後、留学サポートエージェントまで案内してもらい、別れた。
エージェントでは今までずっとメールで
ホームステイとか語学学校の相談をしていた担当の人に
初めましての挨拶をして、
イミグレ(移民局)や銀行の場所を聞いた。
そして一人でイミグレに行き、
ワーホリビザシールをパスポートに貼ってもらい、
銀行に向かった。
口座開設と日本円T/Cの両替をして(両替手数料AU$7)、
電車に乗る。
早くも一人電車デビュー!
Claremont駅から家までは歩いて15分くらい。
暑かった。

銀行は、エージェントで勧められた銀行にしか行かず、
(私もこの銀行で開設しようかなとは思っていたけれど)
他の銀行ともレートの比較しないで、
T/C全額を両替しちゃうという、
私らしくない、元銀行員とは思えない行動。
貴重なお金だから、レートを見つつ少しずつ両替しようと思っていたけれど、
紛失してもキャッシュに比べれば安心なT/Cとはいえ、
高額のT/Cを手元に持っているのが嫌だったのと、
探せば両替手数料が無料のところもあるのかもしれないけれど、
T/Cを両替するたびに手数料を取られるのが嫌だった。



朝 トースト&ホワイトソース+ツナ
夜  サラダ&パン+アイスクリーム

お土産の風鈴、喜んでくれた♪
日本出国時から食べながら持ってきた
『じゃかりこ』もおいしいって!


出発当日 その3 

November 10 [Mon], 2003, 23:59

出国前にPCと財布、T/Cの申告をして、
Yahooネットカフェ(フリー)でメールとHP、日記、掲示板をチェック。
励ましが嬉しくてうるうるしながら日記を書いた(『出国当日その2』の日記)。
出国前にもう一度家に電話しようと思っていたのだけど、
時間がなかったので断念。
アナウンスで呼び出され、なんと私が一番最後の乗客だった。
みんな早いのねー。
私だって、時間ギリギリじゃなくて、早めに行ったのに。

座席は窓側を頼んでいた。
搭乗率が50%なので隣も空いているだろう、
もしも空いていなくても離陸してから移動できると言われていたので
トイレに立つときに隣の人に気を遣う必要もないと思っていた。
が、
慌てて飛行機に乗り込んだら、私の隣にはおじさまが…。
前の席には誰も座っていないのに、
ナゼこんな席決めをするんだろう、カンタス。

離陸直後は寝たけれど、起きてから、
隣のおじさまに『What's this?』と何度か質問したり、
『How long have you stayed in Japan?』ときいたりしたけれど
(フロリダの帰りに寄っただけみたい)
機内食の前に、前列の座席に移動した。

スチュワートは制服は学生服にも見える。
私の英語はなんとか通じているようだ。
ウェットティッシュを欲しくて言ったら、
ティッシュをぬらして持ってきてくれた。
ウエットティッシュはないんだって。なんて優しいの!

機内食はそんなに美味しくなかった。
(朝食の味付けはうまかったけど)


晩ご飯
お寿司、プロバンス風チキンのペストリゾーニ添え
緑茶、クリームカラメル、コーヒー、紅茶



朝食
ウーロン茶、ガーデンサラダ
鮭の照り焼きと椎茸、香の物
コーヒー、紅茶


《当時のメニューをみてみるとこうなっているのだけど、
写真とメニューを照らし合わせると微妙に違うような?》


カンタスではアイマスク、靴下、歯ブラシをくれた。

離陸直後『Perthは37℃』着陸直前『5:55到着、18℃』と言っていた。
朝晩の気温差19℃…。


朝食前に窓からパチリ

いよいよパース到着です。

出発当日 その2 

November 10 [Mon], 2003, 20:37

とうとうこのひがやってきました。
いま なりたくうこうの ねっとかふぇにいます。
なれない ねっとかふぇ、へんな ぼたんを おしたらしく、
さっきまでは かんじへんかん できたのに
いまは ひらがな でしか かけません^^;

みなさん、
かきこみをありがとうございます。
けさは しゅっぱつぎりぎりまで いそがしくて へんしんできませんでした。

みなさんのかきこみをよんで また めが うるんできました。
いろんなひとに はげまされて わたしは しあわせ です。
 
8:45なりたはつ perthいき 
あちらには にほんじかんの あすあさ7じにつきます。

なりたにいるのに いまだに aus にいくことが しんじられません。
おちついたら にっきも こうしん しますし、
みなさんのところへも うかがいたいと おもいます。

では、いってきます!

出発当日 その1 

November 10 [Mon], 2003, 18:00
今日も仕事の母は、
仕事中抜け出して、
私を新千歳空港まで送ってくれることになっていた(会社了解済み)。
けれども私の荷物の準備が整わず、
当初家に迎えに来てくれる時間を延ばしてもらった。

新千歳空港には13時前に到着。
札幌から来る予定の友達の姿は見えず、
朝食もとっていなかったので、
母と見送りに来てくれた伯母とお昼ごはんを食べることにした。
その前に伯母が腕時計をプレゼントしたいと言ってくれたので
お言葉に甘えて買ってもらっちゃった。

レストランで昼食後、出発ロビーへ。14時くらい。
親友のほか、会社で同期だった友達とその子の子供も見送りに来てくれた。
感激!
14:20出発なのになかなか搭乗できず。
すごい混んでいた。

飛行機には札幌の専門学校生も乗っていた。
海外に旅行するんだって。研修旅行かな?
私が飛行機に乗ったのはあとのほうだったので、
3席並んでいる座席の窓側だったのだけど
真ん中と通路側にすでに人が…、カップルが座っていた。
なので『もしよければ、つめてください。(私、通路側に座ります。)』と言ったら、喜ばれた。

成田空港で一旦荷物を受け取り、国際線へ。
搭乗時間までかなり時間があったけれど、
荷物の重さが心配でとりあえず計ってもらうことにした。
…29.5s(スーツケース22.5s、コスビーのカバン7kg)
機内には7kgまで持ち込めるらしい。
でも私は機内にショルダーとPCカバン(7sぐらいある)を持ち込もとしていたので
7kgオーバーになってしまう。
途方にくれていたらスタッフさんが
スーツケースとコスビーの2つを預けても良いですよと言ってくれた。
本当は1kgオーバーで¥4,500.かかるんだけど、
長期滞在ということでサービスしてくれた!!
思わずスタッフさんの腕をつかんでお礼を言った。


↑私の荷物。これらとショルダーを持ってオーストラリアへ。
追加料金ナシでスーツケースとコスビーを預けることができて助かった!



荷物を預けたあとは家族や友達に公衆電話から電話した。
バリ旅行のとき買ったKDDIテレカは携帯電話宛には使えないらしく、
久しぶりに『電話したいので10円に両替して下さい』と売店の人に頼んで
小銭を手に入れて電話した。


東京在住の心の同期(=元職場の上司)が見送りにきてくれたうえに、
食事をごちそうになる。おそばとビール♪
そのうえ、オーストラリアドルを1ドルも持たずに出国しようとした私に、
何かあったら。。。とお餞別を下さった。
空港で両替しようと二人で両替所に行ったけれど、
レートが高いなと思ったので成田で両替するのはやめて
パース空港で両替することにした。

出発1日前 

November 09 [Sun], 2003, 4:56
スーツケースを空にして、ヘルスメーターに乗せてみる。
アナログのヘルスメーターでは(確か)6キロ、
体脂肪率をはかれるデジタルのヘルスメーターでは、7.2キロ。
飛行機に持ち込めるのは20キロまでなので、あと13キロか。
よし、できるだけ軽くなるように頑張ろう。


・4:42
スーツケースに詰め始める前に、もう一度持っていく服の確認。
あれれれれ?水着の下がない!どこいったんだぁ?

・4:58
水着の下は見つかった。ほっ。
大まかだけど、スーツケースに服だけ入れてみた。
や〜、ちょっと待ってよ!服だけでこんなに場所取るの?
やばい…。


・6:00
とりあえず就寝

・8:30
起床

・10:30
選挙
T市在住の親友が実家に帰ってきてたのでちょっとだけ会う
買い物


・13:00
買い物&家族でお寿司屋さんへ
携帯解約。気に入っていた番号だし、ずっと携帯持っていたから悲しい(;_;)
パスポートやらなにやら書類をコピー


・19:00
札幌在住の親友より電話。
明日新千歳空港まで見送りに来てくれるって〜。
嬉しいな♪


・19:30
ホストマザーに電話。
やーーーーーーっと繋がった。
英会話の講師のような、聞き取りやすい英語だった。
想像していたよりも若そうだ…。
20分くらい喋った。
でも一瞬でも気を抜くと、何を言ってるのかさっぱりわからなくなっちゃった。
(いや、聞き取れていた部分も自分の解釈が間違っているかもしれないけど)
やーん、とても良さそうな人だわ。
行くのが楽しみ♪

…でも、電話を切って母に詳細を話していると、
『明日から1年間はそばを離れちゃうんだ』ってすごく実感して、
悲しくなって母に抱きついてしまった。
照れくさいから冗談っぽく抱きついたんだけど。
今日の母は、やけになんでもしてくれる。
ボタン付けもアイロンがけも。ありがとう、お母さん。


・20:00
まだ詰め終わっていないスーツケース。
でもとりあえず今の重さをはかろうと、
ヘルスメーターを持ってきて、スーツケースを運ぼうとした。
う、動かん。
岩なのか???っちゅーくらい重かったよ…。

それでも頑張って、デジタルヘルスメーターに乗せてみた。
エラーが出て計測不可能。
がーん、いったい何キロなのよ、あなたは?


アナログではかってみたら、22キロだった。
あれで22キロなんだ。重いよー(>_<)
まだ詰め終わっていないのに…。
スーツケースを閉めるのも苦労したくらいパンパンなのに…。
やっぱり、スーツケース一個じゃ無理なのかなぁ。

でも、貴重品を入れる肩掛けのほか、PCバックも手荷物にするし、
この上ボストンバックまで持ったら、動けないよ…。


・21:00
やっとおなかが空いてきたので、晩ご飯を食べる。
白いご飯と焼き魚とたらことお漬物。
あと酢がき。
母はご飯のほかにお鍋の準備もしていて、
一人用の小さいお鍋に移しかえて作ってくれた。
おいしかったよ〜。にんじんが花(?)のカタチをしていたんだけど、
カタヌキじゃなくて自分でやったんだって。
簡単だって言ってたけれど、そっちの方が時間かかりそう…。


・22:00
妹の家に行く。
お餞別をもらってしまった。
妹や彼氏君と話しているときは大丈夫だったけれど、
妹の飼っている犬達に話しかけていたら、泣けてしまった。


・22:40
先日、英会話の女性講師に『日曜日来ない?』と誘われていて、
呑み屋さんに顔を出しに行った。
えぇ、準備は整っていません、ハイ。

お店はアーチストが来ていてすんごい盛り上がっていた。
楽しいお店だったな。マスターの奥さんの場の盛り上げ方も好き。
きっとあんなふうなのが、ふたりでお店をやっていくってことなんだろうな。

また行きたい…と思っても、すぐには行けず。
来年、行く楽しみができたわ〜ん。


・23:50
女性講師達を家まで送って帰宅。
車中では彼女達が日本語で、私が英語で聞き返す、道案内。
楽しかった。



…さてこれから、続きをします。
今日はもう寝ないんだー。
やっぱり私ってほかのワーホリさんたちと違う。
ほかの人たちはもっときっちりしているわ。

私も本当は、出発前日の気持ちを書くとか、
いつ更新できるかわからないんだから、サイトをきっちり仕上げておくとか、
したかったんだけど。
こんなに準備が整わないなんて、ありえない(>_<)

考え込む時間がない。
要所要所、しんみりしているけれど、準備におわれてひたる時間がない。
ま、これはこれでよいのかな。


さて、作戦変更することにしたから
(冬物や真夏に着ないようなものは置いていく)
もう一度詰めなおしだ〜。

2003年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:11112003
読者になる
Yapme!一覧
読者になる