理想の家を考える 

2005年07月03日(日) 4時48分
あ、ココ秋葉君に見つかってしまった。
このネット小僧めぇ〜と言われた。
ネットなんかで日記なんぞ書かないタイプと思われていたらしい。
野球(観戦もするのも好き)が趣味だと
そんなインドアな暗いイメージはつかないらしい。

で、秋葉君とはなんだぁー!!とご立腹なので、
秋葉君改め元秋葉君とする。

理想の家とは。

とりあえず、犬が2人いないとダメだな。
昔はラブラドールの白・黒にビアンコ・ネロとそれぞれつける予定だったけど、
今は、秋葉君御執心の柴犬と、
私が御執心のフレンチブルとラブラドール(黒)の三人がいい感じ。

名前は、ネロ(ラブ)とチャド(ブル)と・・・只今秋葉君考え中。

映画が大好きだから、デカイスクリーンと映写機買って映画ルームを作る。
勿論サウンドシステム付きだから、うるさいだろうから地下に作る。
秋葉君のゲームもそこでやれるようにしてもいいなぁ。

昔はマンション派だったけど、やっぱ住むとすると一戸建てのほうが
上の人の足音だとか気にしなくてすむからいいかなぁ、と思う。
建築家に自分の希望を死ぬほど行って建ててもらいたい。

インテリアも一つ一つ自分で見つけたいしなぁ。
ソファーなんかデザインだけですわり心地悪かったら意味ないもん。
ベッドは出来ればキングサイズがいいな。
秋葉君はそんなにデカくはないけど、
キングサイズはマジで広いからなぁ。。。
なんせシングル2個分!!
ただ布団を探すのが困難だけど、
どうせ私は布団を奪ってしまうから、布団2個でいいし。
その上からカバーかければ見た目的にもOKだし。

リビングは広い方がいいなぁ。
ベッドルームもそれなりにデカイ方がいいな、やっぱ。
6畳とかは勘弁して欲しい、マジで。

あとはお風呂。
2人並んでゆったり浸かれるお風呂がいいな。
ほとんど一緒にお風呂入ってるし。
それに風呂は広いに越したことはないね、絶対。
ゆったり過ごせる場所は、狭いのは嫌だ。

で、秋葉君が考え抜いた柴犬の名前は、芸のないポチになったそうな。
万博らしくモリゾーとかにすればいいのに。

SAHARA 

2005年06月07日(火) 4時02分
こないだ試写会でSAHARAを見た。(ネタバレ多数)

とりあえずマシュー・マコノフィーがアクションヒーローという時点で
多少では済まない違和感があったけど、
アンド、
トムと別れて今度はマシューを狩ってみたペネロペが女医の役というのに
おびただしい違和感を感じつつ、
試写会へ向かった。
んで、いつものごとく1時間以上蚊に刺されながら並んで、いい席ゲット!

見たけど、結局つまらなかった。
ってか、あまりのつまらなさに寝た。

映画で寝るなんてありえないと思ってたけど、
今年はよく寝るなぁ。もう三度目。
新春早々、カンフーハッスルで爆睡したし。
(でもあのデカイ声のおばはんが叫ぶたびに起きた・・・。)
あとネバーランドで途中20分ほど寝たらしい。
一緒に行った子によるとスースー寝息を立てて、
それはもうすやすやと寝てたらしい。
ごめんね、ジョニー。
しっかり最後は泣いた私を許して。

っていうか、やっぱり、インディアナ・ジョーンズ世代?の私には
こういう新作アクションモノ(しかもシリーズにする予定ばっちり)は合わないなぁ。
ダブルオーセブンもピアーズ世代で、
しかもああいうのよりはハリソンの方がかっこよく感じるし。

マシューは私的にコンタクトとU-571のイメージがどうしても強くて
世間一般の「恋愛モノ」なイメージがないんだなぁ。
あんなムキムキにして、変な喋り方して、
俺はワイルドなイケメンなんだよハニー的演技されても超微妙。

ストーリーも、何がメインラインなのかさっぱりわかんないし、
で、結局見所はなんなの?という感じ。
金貨の話も、なんか偶然見つけてしまいました的で
「手がかりは一枚の金貨」なんてこともなく、
ただ逃げてたら見つけちゃったんだよね、という感じ。

マシューもパンチにかけるし、
ペネロペから女医なんて高学歴の香りがしない。。。

共演者でよかったのは・・・。

うーーーーーーん、、、、、、、、

マトリックス2・3のフレンチ野郎な人が普通の英語しゃべってて
違う一面を見れたぐらい・・・?
あとマシューの相棒の人がいい感じなだけかなぁ。

SAHARA見るくらいなら、インディアナ・ジョーンズのパクリみたいな
マミーシリーズ(ハムナプトラ)を見たほうがマシかも。

ああ試写会で良かった。

朝はキライ 

2005年05月25日(水) 21時53分
朝起きれずに、今日行く予定だった免許センターに行けなかった。

目覚ましが鳴り響いて、起きた瞬間、行く気無しって感じで、
横で寝てる(起きてたかな)秋葉君に

「消して」

と野太い声で一言言い放って寝た。

起きたら、秋葉君の学校の時間で、
いつもどおりに行ってきますのチュウをしてくれた。

で、次起きたら、秋葉君が授業と授業の合間で一旦帰宅してた。
ゲームに夢中な秋葉君を、後ろからワキワキこちょぐりの刑に処してみた。

で、しばらくこちょこちょ二人でやってた。

で、二時半になって、秋葉君はまた大学へ。

私は、部屋の掃除をじゃかじゃかやった。
四時過ぎに秋葉君が帰ってきて、二人でじゃかじゃかやったら、
すんごくきれいになったよ。

とゆうわけで、来週月曜に免許センターに行くぞ!!
今週秋葉君の原付が納車予定だし。
(秋葉君はもう免許とったもんな。。。)

がんばろう。

車校行って来た 

2005年05月19日(木) 1時41分
すごい田舎だったから、もうマジで何もなくて、
のほほんとしてるところだったなぁ。

ホテルにして良かった。車校で合宿しなくてよかった。
自慢の食堂のわりに、イマイチだったし。

二週間ちょっとのホテル生活は良かったなぁ。

ゴミは分別せずにゴミ箱に入れておけば部屋に戻る頃にはきれいになってるし、
レストランに行けばご飯は和洋で交互に出てくるし…。

一人なのにツインの部屋だったから、
私の部屋(しかも角部屋)のベッドをくっつけて、
秋葉君と一緒に寝起きした。

で、無事二人ともに、
私はMT車で、彼はAT車で、という、
男女逆なカタチで卒業できました。パチパチパチ…。

部屋に戻ったときは唖然としたな。
部屋の汚さに。
で、翌日からバイトで。
久々の業務で、なんだか疲れた。

現在、部屋の掃除も進んで、まぁ住める状態。
久々にご飯も炊いたよ。

本日友達と遊んで、ついでに浴衣をゲットしてみた。
お取り置きの状態だけど。
金曜か日曜に秋葉君(スポンサー)ととりに行く予定。
着せてもらったとき、携帯で写真撮って、バイト中の秋葉君に写メした。
「ご相談があります(はぁと)」というタイトルのメールで。

帰宅して、
「可愛いかったから画像保存しちゃった。」
とまんざらでもない返事だった。

★作戦成功★

春だなぁ 

2005年04月05日(火) 18時59分
春だ。

鼻から水が垂れる季節だ。

年下君改め秋葉君も花粉症だ。
バイト先ですんごいくしゃみをしてる。
携帯でくしゃみの瞬間を撮影してしまった。(笑)

バイト先ではまだ秘密の関係だけど、
「どうなの?進展した?」
と関係を聞かれる。
「Hもしてます」
なんて言えないけど、
「いやー別になんもないっすね〜」
と答える今日この頃。

そして、
車校に一緒に行くのもバレたというかバイトのシフトを出した時点でバレて、
「友達紹介すると安くなるから」という趣旨の言い訳をした。
あっさり信じてもらえて笑えた。

さすが、イメージは秋葉系な彼は、
こんなに早く女をゲットしてるなんて思われていないらしい。

秋葉系爆走だった彼を、
美容院に連れて行き、

「個性的な髪型にしてください」

と大変身させ、
ショップに連れて行き、店員と相談して上から下まで買って
大変身させてみた。

バイト先でも

「おまえ最近おしゃれになってない?」

と評判である。

「一人で買ったの?」

と聞かれていたが

「一人です」

と言ってた。

「どーせ店員に買わされたんだろ」

で終わってたけど(笑)。

そんな感じで最近も馬鹿っプルをしている。

来週から私の家庭教師をしてくれるらしい。
いちゃいちゃして終わらないよう注意だ

あれからそれから 

2005年03月23日(水) 1時17分
うーん、今のところ二股ではなくなった。

1月2月3月と今まで、年下君(バイトの先輩(♂))とは続いている。
あと、相方とは正式に別れた。
ただ、別れてから何回か会ったけど、
やりなおすことはもうなさそう。

ちょっと寂しい。

正式に別れたのは、2月頭くらいかな。
その後映画の試写会とか行ったけど、
なんか相方の気持ちが変動してて、
「友達付き合いしよう」と言われたり
「友達未満の付き合いをしたい」と言われたり
「知り合いでもいたくない」と言われたりしている。
先週はボウリングに誘われたけど。

友達ではいたいけど、やっぱ無理なのかな。

私が強く言える立場ではないだろうから、
相方に任せようと思う。

現相方の年下君とは、ほとんど毎日一緒に寝ている。
Hもしてる。
休日は一緒にどっか行ったりイチャイチャしたり。
普通にカップルしてる。

たまに相方の名前で年下君を呼んだりして、

[長かったから]

とちょっと言い訳をしたりしている。

たぶんこれでいいんだと思う。

彼は私を支えてくれるし、私も彼を支えたい。

ただ、私をちゃん付けで呼んで、「絶対年下っぽい」と
私よりも身長低い彼に言われるのは
違和感あるけど。

確かにしっかりしてるけど、彼は。

セカンドヴァージン 

2005年01月04日(火) 15時51分

これがセカンドヴァージンか…と思いながら、
彼がコンビにまでゴム買いにいってる間に思った。

彼のブツは、相方のとはぜんぜん違って、
やっぱり個人差あるんだーとちょっと驚いた。

四日。五日から彼はバイト。
私は七日からで、五日・六日は友達と遊ぶ予定だった。

夕方くらいまでいちゃついてた。

彼からは、
「二日くらいにもう好きになってたみたい。
 こんな急展開で戸惑ってるけど、
 好きだよ。」
と、告られた。

私は返事できなかった。
ぜんぜん好きって言う確証をもてない。

こんな気持ちでHした私はなんなんだろう。
彼に失礼だし、相方にも失礼だ。

でも、相方に恋人じゃないって言われた以上、
これは浮気じゃないのかなぁ?と思った。

He is DOTE. 

2005年01月03日(月) 15時40分
三日は相方と久々に会って、実家にいるオヤジと飲む予定だった。

相方と年下くんをあわせるわけにはいかない。
部屋に行くから待ってろ、という相方に嘘をつき、修羅場にはならなかった。

実家では普通に過ごした。オヤジがウザかったけど。
帰りの車内で、相方としゃべったが、
まだ結論は出ていないと言われた。
恋人じゃないとも言われた。

落ち込んだ。

その後、年下君にメールをしたら、心配してくれて来てくれた。
お酒もって。
だべった。んで、並んで座ってたから、
彼の肩にもたれてみた。
なんか、安心した。

その後、どういうことでそうなったか覚えてないけど、
彼とHした。
彼的には初H。私は二人目。
ずっと勃っていたらしく、いざという時にはヘニャヘニャだった。
口でやったら、ものすごい早さでイかれた。
初めて口の中で出されて、私は焦った。

彼はすんごい謝ってた。

なんか、大変な事になってない?
と自分に聞いてみたけど、
「たぶん」という返事しか思いつかなかった。

これからどうなる?

ハウルの動く城 

2005年01月02日(日) 15時28分

“セカチュー”を見るため、彼の部屋に初来襲した。

彼の部屋はヲタクの部屋だった。
本棚の棚が弧を描くほど、どっさりと漫画がつまれ、
ゲームはドリキャスから64、プレステと、
格闘ゲーム専門らしいコントローラーが揃っていた。
ゲームのソフトもドッサリ。
何より驚いたのは、バンダナと壁にはってあるポスターだった。
もちろん、風景とかのポスターではない。
ゲームのキャラクターらしい、セクシーなお姉さんの絵など、だった。
私のヲタクのイメージにピッタリな部屋で、
本当に「来てはいけないところに来てしまった」と思った。
漫画もなんか凄く濃い感じで、私の持っている漫画(コジコジ)に比べると、
なんなんだ…と混乱するような漫画が多かった。

彼はヲタクだった。

とりあえず、きったない部屋をなんとかし、
セカチューを見た。
つまんなかった。泣けなかった。期待外れだった。
私が持ってきた下妻物語と69を見たが、
前者はかなり私的にはヒットで、彼もウケていたが、
69はあんまり見てなかったのもあり、微妙だった。

恋愛の話をダラダラとして、
朝七時に帰宅した。
映画を見に行く予定だったので、昼には起きようと言い合って別れた。

二時ごろ、起きて彼に電話をかけたが、つながらなかった。
シャワーでもあびるか…とシャワーを浴び、
出たところで携帯がなっていた。彼からだった。
彼に私の部屋まできてもらい、夕方くらいまでだべった。
恋愛の話だった。

夜8時ごろに映画館につき、その辺で夕食を食べ、
ハウルの動く城を見た。
笑えた。ヤバイ。マジでかなり笑えた。
彼も変なとこでウケていた。

その後、私の部屋で、飲んだ。
また恋愛の話をした。

なんか、私は彼に頼っているんだろうな…と思った。
相方のいない寂しい思いを、彼としゃべって気を紛らわせていたんだと思う。

彼と同じベッドで寝た。
何もしなかったけど。

新年早々 

2005年01月01日(土) 15時09分
ああ、あけましておめでたう。

昨年29日、もう四年になろうかという相方と不仲になった。
いや、不仲ではない。
クリスマス前から、私たちの劇的な環境の変化により、
私自身、今の相方は友達なのか、恋人なのかわからなくなったのである。
チューやHする以外、恋人らしいことはしているのか?
そもそも、恋人らしい言動とはなんなのか?
結局、微妙な気持ちになり、私は彼に冷却期間をおこうと言った。
そして、彼は熱を出し寝込んだ。
そんな大変な事…なのか。いや、体調が悪かったんだろうな、たぶん。

そして、クリスマスも微妙に過ぎ、
29日、私は彼と続けていく自信ができたため、
深夜3時に、バイト先の飲み会の帰りに、彼に電話をして、
私が車を飛ばして会いに行った。
が、そのときには彼は変わっていて、
今度は俺がだめ、
と、悲しい返事が来た。

新年も微妙に過ぎた。
一日、かねてよりメールしまくっていたバイト先の先輩♂(年下)とデカイジャスコに行った。
いわゆるデートなのか。一応初デートか。
彼は暇人で、学生なのに学校にも行かず、バイトの嵐の毎日を送っている。
友達も一応いるらしいが、あまり出歩いているような感じではない。
何も趣味という趣味もなく、話を聞いている分では、駄目人間のようだった。
そんな彼は、昨年十月末に失恋をしていた。

デカイジャスコは広かった。
彼とご飯を食べて、彼の買い物に付き合い、彼がセカチューを買うというので、
その晩に彼の部屋で見ることになった。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:110-ke
読者になる
Yapme!一覧
読者になる