ちまちまと… 

2007年07月15日(日) 10時10分
本。今読んでるのは夢枕獏陰陽師 夜光杯ノ巻(2007.06.30 文藝春秋) と江國香織雨はコーラがのめない(2007.07.01 新潮文庫)
どちら交互にもちまちま読み進めていって、今ちょうど半分くらい。短編集とエッセイ集だから、こういう贅沢な読み方をしてます。。

陰陽師 は、わたしが単行本で買ってる数少ないシリーズ。陰陽師シリーズの魅力は「恒常性」かな、と思ってみたり。変わらないこと。どの話を読んでも、晴明は赤い唇に薄笑いを浮かべてるし、博雅はいい人でちょっと鈍い。2人はいつも酒を飲みながら庭を眺めてるし、どんな面倒な事件が舞い込んでも最終的には「ゆこう」「ゆこう」ってなる。そういうのがイイ。ドラマティックじゃないけど、1つ1つがちゃんとしたお話で(当たり前か)、慌てて先を読まなくても安心だけど、手元にあればついついページをめくっちゃう。新聞の4コママンガみたいな魅力。そういうところが大好きです。

わがやのペットたち 

2007年07月15日(日) 6時26分

●タマ●
キジ猫 / メス 現在一番の古株。2000.07生まれ(推定)わがやに来たのは同年秋。
写真では見切れてますが、くるっと巻いた長いしっぽが特徴です。体重は4Kgちょい。避妊手術済なので、お腹がたぷっとしてますが、顔は小顔で美人さん(飼い主の欲目ではないハズ!!)
可哀想なことに大の犬嫌い。負けず嫌いで気が強いので犬たちに自分から向かっていくんだけど、内心かーなーりビクビクしてるハズ(笑)
よく小言を言います。一人ぼっちで長時間家の中に閉じ込められた直後とか、逆に自分が長時間家を空けて帰宅した時とか。猫飼ってる人にはわかると思いますが、小言は「にゃーん」じゃないんですよネ!ホントに人間がブツブツ言ってるみたいな声でしゃべるの。
一番よく懐いてるのはウチの母親。その次がわたし、かな?階段を駆け下りる足音が大きくて、よくわたしと間違われます。わたし、タマみたいに大きな音立てて階段下りないもん!


●大輔●
柴 / オス 年齢では一番上。1999年(?) わがやに来たのは翌年の冬。
父親が仕事で知り合ったブリーダーさんがくれました…。「気に入ったんなら持って帰れ。いいからいいから」…ってそんな。こっちの家の都合も…(当時既に犬が1匹とタマがいたので)。でも結局断れずに連れて帰るハメに。わがやに来た時には既に1歳超。成犬でした。ブリーダーさんちで繁殖用に飼われてた犬のようで。丸い顔は柴犬の見本みたい。
ビビリなくせに好奇心旺盛。威嚇するタマにも平気でじゃれつくので、ネコパンチの餌食になることもしばしば。自分以外の動物や人間に対する接し方がイマイチよくわかってないようで、すぐテンパっちゃう。でもホントは甘えたがりなんです。
ボール遊びが大好きで、野球のボールを転がしてやれば楽しそうに取りに行きます。お散歩担当はおばーちゃん。高齢のため上手く歩けないおばーちゃんをゆっくりリードして歩いてくれるそうな。おばーちゃん談。


●太郎● 
雑種 / オス わがやで一番体が大きい子。2004.06生まれ。
スーパーに貼ってあった「子犬あげます」のポスターか何かを見て、わざわざもらいに行った子です。母親が白い犬が欲しい!って言うんでこの子にしたんだけど、成長するにつれて茶色のブチが…。
写真ではわかりにくいけど、耳が半分折れてます。それが歩くたびにひょこひょこ揺れてすごくカワイイ!
体がデカイ(といっても中型犬)くせに怖がりで甘えん坊。狼の下っ端がリーダーに近寄る時みたいに、低い姿勢でしっぽ下ろして近寄ってくるんで、多分彼のボスはわたし。でも撫でてやるとすっごく喜ぶし、抱いてやるとぴったりくっついて離れないの。
食べることが大好きで、初夏には道端にできるキイチゴを自分で採って食べます。
唯一タマ姫に勝てない子。


●大幸●
ミニチュアダックス / オス 新入り。2007.04生まれ
大輔をくれたブリーダーさんがまたもややってくれました。ケーキを持って遊びに行ったら、そのお礼にこの子をくれました。ミニチュアダックスでこの毛色って…マトモに買うと結構お高いんじゃありませんか?基本的に動物は“買う”ものじゃない、と思ってるんで(拾ったりもらったり)その辺の事情にはうといんですが。
名前は「ヒロユキ」と読みます。

HAPPINESS 

2007年07月14日(土) 21時14分
▼表紙
テーマは『透明感』。タイトルの虹色はどうしても外せなかったポイントです。虹色ってしあわせそうなイメージありませんか?



▼本文
モノクロの本文ページで透明感を表現するのに苦労しました。実現できてるかどうかは微妙なところ。デザインとしてはシンプルです。


MEMORY 

2007年07月14日(土) 18時00分
▼表紙
表紙イラストは別の方に依頼したので、見本掲載はできません。

▼本文
本文背景に使った海の写真は会社帰りに自分で撮りに行ったものです。もう少し文字サイズ小さめでもよかったなーと、出来上がりを見て思いました。


↑画像クリックで大きな画像が見れます。※別窓表示

snow drop 

2007年07月14日(土) 17時39分
▼表紙
snow drop の“snow”より“drop”のイメージが強い表紙になってしまいました。



▼本文

本文の背景の雪の結晶モノグラムは、話が大学生パラレルだったので女子大生っぽいデザインにしようとした結果です。伊藤の女子大生に対するイメージって一体…。もうすこし地模様大きくてもよかったなあ。
本文左ページのフレイちゃんシルエットは、後記ページでシルエットじゃないバージョンになります。


↑画像クリックで大きな画像が見られます。※別窓表示

後記はこんな感じ。

ETERNAL 

2007年07月14日(土) 16時27分
▼表紙
長い髪の毛を活かすために見開きにしてみました。
画像クリックで見開き画像が表示されます。※別窓表示



▼本文
参加者の都合もあり、本文はアナログ作成しました。ここでご紹介できるのは小説ページのみです。

WORKS LOG 

2007年07月14日(土) 15時36分
ここでは過去に手がけた同人誌のデザイン見本をご紹介します。
タイトル横の をクリックすると、別窓でサンプルが見れます。

すべてお友達の桐咲 遼香ちゃんの作品ばかりです。
購入希望の方は、遼香ちゃんのブログ にてお申し込みください。

※同人誌デザインはすべて無償で行っています。趣味の一環ですから。

Full Moon 
桐咲 遼香@COOL CHILD 2007/09/02 発行予定
ガン種キララク本 A5サイズ/28頁
現在鋭意製作中であります!

HAPPINESS 
桐咲 遼香@COOL CHILD 2007/03/15 発行
ガン種フレイ誕生日アンソロジー A5サイズ/60頁
テーマは『透明感』。モノクロの本文ページで透明感を表現するのに苦労しました。実現できてるかどうかは微妙なところ。デザインとしてはシンプルです。前記・後記、参加者コメントなどのページにこっそり小説をちりばめたんですが、“読もうと思えば読める”の狙い通りには行きませんでした…。読めやしねえ。編集ミスって入稿当日に遼ちゃんにすんごい迷惑かけたのもコレです。ごめんよう。

snow drop 
桐咲 遼香@COOL CHILD 2007/02/11 発行
ガン種キラフレ本 A5サイズ/20頁
POPなデザインを目指してみました。本文の背景は雪の結晶モノグラムで。本文左ページのフレイちゃんシルエットは、後記ページでシルエットじゃないバージョンになります。無理矢理本文を予定ページ内に詰め込んだ記憶が…。

MEMORY 
桐咲 遼香@COOL CHILD 2006/08/09 発行
ガン種キラフレ本 A5サイズ/36頁
表紙イラストは別の方に依頼したので、見本掲載はできません。
遼香ちゃんには扉ページを絶賛して貰えました。本文背景に使った砂浜の写真は会社帰りに自分で撮りに行ったものです。もう少し文字サイズ小さめでもよかったなーと、出来上がりを見て思いました。


ETERNAL 
桐咲 遼香@COOL CHILD発行
ガン種アスラクミニアンソロジー A5サイズ/36頁
伊藤が初めて人様の本をデザインさせてもらった記念の作品です。
参加者の都合もあり、本文はアナログ作成しました。表紙はデータ作成。

初めにお読みください 

2007年07月14日(土) 14時09分
こんにちは。管理人の伊藤です。
この記事では、ブログについての説明を簡単にさせてもらいます。

● Menuについて ●
ABOUT…このブログについての説明記事。たぶん今読んでるこの記事1件だけ。
WORKS…趣味で同人誌のデザインをやってます。それについての記事。
PET…我が家のペットたち。
BOOK…ふらりと買ってちびちび読んだ本の感想など。
DIARY…上記カテゴリに分類できない雑記。


● このブログへのリンクについて ●
リンクフリーです。
ブログタイトル…110℃(“摂氏110度”でも可)
管理人…伊藤
URL…http://yaplog.jp/110-c/
バナー…http://mee.moo.jp/110/110ban.gif (直リンク可)


● 管理人について ●
名前…伊藤
属性…NEUTRAL-LAW
性別…女(かろうじて) 年齢…結婚適齢期(かろうじて)
職業…事務系派遣社員 趣味…ドライブ(MT免許)
その他…偏食家の頭痛持ち、近眼@メガネ派

御用の際は、左サイドにあるメールフォームをご利用いただくか、下記アドレスまでご連絡ください。
ito★booth19.net (★を@に変えて使用してください)