豊富な仕事をこなせたらハッピーに 

January 31 [Sun], 2010, 2:01
仕事情報の豊富さとタイミングが、仕事を求人情報で探す際には大切なポイントなのです。はじめに仕事情報の豊富さについてお話します。新卒でもない限り、仕事は大きく分けてインターネットか雑誌の求人情報で探すことがほとんどでしょう。どちらか片方のみの求人情報にしか目を通さないというのは非常にもったいないものです。仕事情報が、ネットも雑誌も両方の求人媒体に記載されているというのはほとんどございません。たくさんの求人情報を見逃していると同じことなのが、片方にしか目を通さない状況です。理想に近い仕事先と巡り合うためには、いかにして効率良く仕事情報を収集するかにかかっています。新しい求人情報をいち早く確認する為に携帯電話に情報を転送してもらうサービスを使ったり、電車の中などでの空き時間を利用して求人情報誌を読んだりといったことを自分からしていかなければならないでしょう。仕事探しのタイミングも重要なポイントなのです。求人情報が出回りやすい時期は、離職の多い時期や仕事の節目上で企業が新人を受け入れやすい時期と重なります。業種によっても仕事の求人は若干異なりますので、情報収集をインターネットなどでしてみるのもおすすめなのです。普段の生活からいろいろな準備を積み重ねることが、求職活動に成功する秘訣だといえます。しっかりと求人情報を収集して自分にあった仕事を見つけていただきたいものです。
ハッピーメール
イクヨクルヨ
ハッピーメール

団塊世代の転職成功でハッピーに 

January 31 [Sun], 2010, 1:59
中高年になってからの転職活動は色々と難しいことが多く、思うように転職もできないといいます。希望に沿った転職先を見つめけるため、中高年はどういった取り組みをしていくべきでしょう。会社の立場から考えた場合、中高年を採用するということは必然的に高い給与とならざるをえません。現在でも、国内の企業は年功序列の考え方が主流であり、中高年を採用するという場合は賃金が低くてはいけないという考えが一般的なのです。従って、それだけの給料を払っても惜しくない人材でないと、中高年を雇い入れることはないのです。採用すれば会社にどのようなメリットをもたらすことが出来るのか自分をアピールする必要がございます。また、中高年は以前までの会社が培ってきた価値観を容易に崩すことができないことが多く、フレキシブルな思考ができないことも会社が躊躇する理由となっています。転職した先の会社の考え方に柔軟に対応する事ができない場合が少なくないかもしれません。柔軟な姿勢で転職活動に臨むことが大切になります。マネージメント力を求めて中高年を採用するという会社は少なくありませんが、企業の意向を正確にくみ取れていない人もいます。まだ年若い人たちに適切なスキルが身につくように指導し、会社の生産性が増すような人の動かし方をすることがマネージメントですので、それをするスキルがあることを面接などで伝えると効果的なのです。また、中高年はプライドが高くて若い人たちとの交流がうまくいかないのではないかとも思われています。中高年が採用面接の場に出る時は、硬直した思考を持たず、転職後新たな環境にもすぐに順応できるだけの柔軟さがあることを訴えていきたいものです。

ハッピーメール
ピュアアイ
P R