ご無沙汰しております。 

March 26 [Sun], 2006, 19:23
すっかりブログ更新していませんでした。

ここ数ヶ月、仕事もプライベートも忙しく、
気持ちにあまり余裕がありません。いけませね。

久々にYaplog開いたら、何だか少し変わっていて、
しかも前に使っていたスキンがバグなのか何なのか
一部画像表示ができなくなってる

仕方ないので、別のスキンに変えてみました。
地味になったねー。

あさって、大切な人に会います。
とても大切な用事です。
今から緊張しています。

アクセスログ。 

January 24 [Tue], 2006, 23:06
グルメの話題ではないのですが。

ブログのアクセスログを見ると、
どのワードが引っかかったのかわかって面白いですね
今日は「凹町」っていうワードで来てくれた方が多かったみたいです。

その前ね、「かどわきでトリュフごはんが出てきました」という
コメントを書いたのですが、
びっくりしたのが「トリュフごはん」っていうワードで
検索した方がいたこと。

「トリュフごはん」ってあまり一般的な言葉ではありませんよね?
しかも、かどわきのメニューだって、きちんと書いてあったわけでなく、
私が勝手に安直に名付けてしまっただけの話なので。

インターネットの世界って広くて深いな、と実感した今日この頃でした。

凹町 

January 15 [Sun], 2006, 16:13
前の「上ル下ル西入ル東入ル」と同日に行ったので、
まとめて書こうと思ったら字数が足りなくなっちゃった。

…ということで、前の続き。

「上下西東」について、穴蔵のようだというご説明をしましたが、
個人的にはもう少し席が広いといいな〜と思ったんです。
贅沢ということは重々承知しておりますが。

地下にあって、何て言うのかな、鍾乳洞みたいな造りなの。
なかなか雰囲気の伝わる画像がないのですが、こんな感じ

閉塞感は否めず、少し疲れちゃったんです。
だから、帰る前に別のお店でお茶を、、、と考えたら、
表参道のカフェ地帯は少し遠かったために、同じビルの上の「凹町」へ。

「上下西東」のところで書いたのですが、同じ系列のお店になります。

こちらではお茶とデザートのみいただいたのですが、お食事も良さそうでした。
色とりどりのお惣菜が乗ったプレート(2,800円)が
夜のメインメニューのようです。
1日何十品目!というのを軽くクリアできそうでした♪
ちょこっとずつたくさんの種類を食べたい、という人は多いと思うので、
ウレシイお献立です。

「上下西東」に比較すると、こちらのほうが普通のカフェといった店構え。
2階で窓もあるし、雰囲気的にも長居できそうです。
今度はこちらでお食事をしてみたいな、と思いました。

このエリアでこの雰囲気のお店にしてはめずらしく、
朝5時までやっていて、男性同士でも入りやすいと思います。

原宿に行く際にはぜひ

上ル下ル西入ル東入ル 

January 15 [Sun], 2006, 15:29
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
お仕事+αで色々と始めてしまい、外食も減っている今日この頃。
久々に更新してみようと思います。

今回のご紹介は、2軒。
原宿の「上ル下ル西入ル東入ル」と「凹町」です。
―――コレ、なんて読むのヽ(´〜`;)?

ですよねぇ。
読みにくい&覚えにくい店名って本当に困る!
このお店は、「アガルサガルニシイルヒガシイル」と「ホコチョウ」と読みます。

どちらも京都の人気店「枝魯枝魯」の姉妹店。
ハイ、また読みにくい店名が出てきました。こちらは「ギロギロ」。
この系列って、読みにくくて悩ませるのを狙ってるのかしら?

「上下西東」(と表記させていただきます)は、2001年にOPEN。
「枝魯枝魯」プロデュースということと、“くずし割烹”と銘打って
和食のコースを3,800円というお手ごろ価格で出したことが受け、
予約の取れない店として名を馳せていました。
今はそれほど混んでません。今回も当日予約でOKでした。

店内のイメージは、穴蔵。
カウンターとテーブル席、合わせて30席しかないので、満席になるのも納得。
今回、写真は撮ってこなかったのですが、コースの一例はコチラ

手早く感想を言うと、この値段でこの場所だったらいいのでは?という感じ。

すごく美味しいという印象は、正直ありませんでしたが、
和食は、“材料にお金が掛かる”という理由で、平気で10,000円以上の
お値段を掲げるお店がほとんどです。たとえ味が伴ってなかったとしても。
その中で、3,800円というお値段は賞賛に値するでしょう。

しかも、原宿という場所を考えると、あまりに客単価の高いお店は成功しない。
…という意味で、この値段でこの場所は見合っていると思いました。

和食と言っても、お店の雰囲気もお料理もお値段もカジュアルなので、
かしこまりたくないけど和食気分♪という時にはぴったりです。

かどわきでトリュフごはん! 

December 11 [Sun], 2005, 22:40
うわ、ものすごく更新してませんでした。

今チェックしたら1ヶ月以上・・・

11月から新しいことを始めてしまい、なかなか家でパソコンを開く時間が
なくなってきてしまいました。

でも、その間も時間を見つけて細々と美食生活は続けていたのでした。

中でも印象的だったのが、念願だった「かどわき」への初訪問
周りの人から評判は聞いていたので、ずーっと行きたいと思いつつ、
何となくタイミングを外してしまい、今回ようやく潜入に成功!!

場所は麻布十番の小道を入った、ひっそりとした場所にあります。
予想以上に小さなお店で、カウンター6人・テーブル4人と、
あとは個室が1室(4〜8人)があるだけ。
私はテーブル席に陣取り、お食事が来るまで客層をチェック☆
店内は満員で、場所柄年齢層は高め。30代後半〜50代がメインでした。
小さなお店ということもあり、常連のお客様が目立っていたようです。

で、肝心のお食事なのですが。

牡蠣と白子の味噌焼きとか、ふぐのお造りとか、とても美味しかったのですが、
何よりも衝撃だったのが、締めで出てきたトリュフごはん!!!

テーブルに土鍋が出てきたと思ったら、中はただの白米。
「(ツヤツヤの白米が自慢です!みたいなスタンス???)」と思っていたら、
ご主人の門脇さんが出てきて、おもむろにトリュフを削り始めたの

丸々トリュフを1個削り終わったあと、よーくごはんと混ぜて、
ハイ、トリュフごはんの出来上がり。

トリュフって、何回も食べたことがあるわけではないのですが、
こんなにトリュフの香りを堪能したのは初めて!

温かいごはんの湯気に乗ってトリュフの香りがよく立っていて、
トリュフってキノコなのね、、、というのを改めて実感しました。

かどわきでは、海苔も一緒に出していたので、乗せて食べてみたのですが、
これもこれでとっても美味
トリュフと海苔って相性がいいのね♪
軽く1杯半、完食させていただきました。

ん〜、美味しかった!

ご予算は、お飲み物も含めて20,000円程度です。
ちょっと贅沢で美味しいものを食べたい時にはぜひ。

※ちなみに1月から場所が変わるみたいです。私の愛しい「宮下」の近くに。

あん梅⇒ユリス 

November 06 [Sun], 2005, 18:17
今日は友達と麻布十番でランチの約束。

「希望は?」と聞くと、「和食!!」と即答されたので、
結構迷ってしまいました。

う〜ん、何となく候補に上げてたお店が全部洋食だったんですけど…。

さて、どうしようかと思っていくつか考えた末、
自家製ひものが自慢の「あん梅」へ。

ランチは、鮭・鯖・銀鱈などとごはん・小鉢・お味噌汁のセットで
お値段1,000〜1,500円。
お手ごろで健康的でおいしゅうございました。

その後、うちに遊びに来るということになり、
これまた麻布十番の「ユリス」でケーキを購入。
麻布十番って、意外にケーキを調達できるところが少ないので、
ここは重宝します。
近くに「Harbee's」もあるのですが、個人的にはユリスのほうが
小ぶりなケーキで好き。
個性的なケーキも多く、どれを食べても美味しいです

ケーキを食べながら、色々と将来について語り合いました。
建設的で、楽しい日曜日でした

あ、さっきの「Harbee's」、ペット用のデザートも扱っているのですが、
パートナーズクッキーという商品は人間が食べても美味しい!
甘さ控えめの全粒粉クッキーです。
10枚で1,000円というのは割と結構なお値段ですが…。

オーバカナル@アークヒルズ 

November 05 [Sat], 2005, 0:06
本日は、赤坂〜麻布十番を徒歩にて移動。
途中、小腹が減ったのでアークヒルズの
AUX BACCHANALESで軽食を。

このお店、すごく美味しいというわけではないのだけど、
いっつも混んでますね。
必ず外国人の方がいっぱい。
紀尾井町店のほうも、また然り。

何となく、雰囲気が日本っぽくないんですよね。
たまに行きたくなる。

この時期は、オニオングラタンスープがおすすめ

初めてサイトを見てみたんだけど、
気になる表記がひとつ。

<太>「Service (10%) non compris Service (10%) not included
上記価格にサーヴィス料(10%)は含まれておりません。」


普通に「サービス」って書けばいいんじゃないかと。
ここ日本だし、日本語で書いてあるし。

それだけ。
終わり。

祝☆宮下10周年 

November 03 [Thu], 2005, 0:36
以前から私が大好きだと公言している、
麻布十番の「暗闇坂 宮下」。

前述の通り、10月は10周年を記念して特別メニューでした。

それを聞いたのが9月の終わりだったので、
10月中にいつか行こう〜と気楽に構えていたら、
あれよあれよという間に10月も終わりに近付いてしまい、
焦って行ったのが10月25日。

この日を逃すと10月はもう行けないことが決定してしまうので、
予約の電話で満席だって言われてるのにもかかわらず、
「遅めの時間だったら大丈夫ですよね!」と説得して乗り込んだのが夜9時。

10周年特別メニューの内容は、コチラ。

@吹寄膳
  ⇒塩銀杏、焼栗、絹かつぎ、松風焼、柿鶉玉、銀杏長芋、たもぎ茸旨煮
A三河大浅蜊の温椀
B天然鯛、さわらのお造り
Cきのこ焼き(松茸・ひら茸・白舞茸・あわび茸)
D伊勢海老と蕪・水菜の鍋物
E↑のお出汁のお雑炊
F柿アイス、りんご

伊勢海老のお出汁で炊いた、Eのお雑炊が絶品でした。
全体的に「秋」っぽいメニューだったなぁ。

帰り際、「あの、これ、、、。」と言われてお店の方から差し出された紙袋。

帰って開けてみたら、「宮下」と店名の入ったワインでした



一瞬、常連だからくれたのかなぁなーんて自惚れてみたのですが、
どうやら10月は皆さんに配っていたようですね。そりゃそうか★

でも、特別メニューにワインのプレゼントまであり、お値段6,000円。
オーナーの宮下さんにもお会いできて、得した気分でした。


もうひとつ得をしたと思ったこと。

偶然、隣の席が某有名野球選手の方だったのです
スポーツ選手って、偉そうにしているイメージがあったのですが、
とーっても会話が可愛くて、好感度アップでした

10月の話題を11月になってから書いている上、
あまりの眠気にキレのない文章。

とにかく宮下に行ったことを早めに伝えたかったの。
おやすみなさい。

1日は一の市。 

November 01 [Tue], 2005, 23:57
11月になりました。
本日は11月1日です。

1日と言って思い出したこと。

若かりし頃、?月1日の男の子とお付き合いしてたことがありました。
※ごめんなさい、月は忘れてしまいました。8月だったかな。

当時、自分の部屋に壁掛けのカレンダーがあったのですが、
彼のお誕生日のところにをしておきました。
10代女子がやりそうなことですね。

それを見た母親が、無邪気に「なぁに?この?」と聞いてきました。

そういうのが恥ずかしいお年頃、まさか彼の誕生日とは言えず、
困った私はとっさに


「ダ、ダイエーの一の市。」


と答えました。


さすがに母は「え、、、一の市、、、?」と呆気に取られておりましたが。

以後しばらく、母にはダイエーが大好きな子だと思われてました。

先日のイニシャルBの話と言い、昔のことをよく思い出すってことは
歳を取った証拠でしょうか・・・。

ちなみにダイエーの一の市はまだやってるみたいです。

今日は赤坂プルデンシャルタワーの「DRUNK BEARS」に行ってきました。
うん、コメントの必要もないかな。
ただのアメリカンパブです。もう行くこともないでしょう。

今日は食べたものより「場」に意味のあるお食事でした。

喧嘩上等湯豆腐野郎! 

October 31 [Mon], 2005, 23:09
またまた豆腐ネタ。

「男前豆腐」に引き続き、食べてみました「喧嘩上等湯豆腐野郎」

さて、どうやって料理しようかと思ったのですが、
単に湯豆腐にするのもつまらないので、
お豆腐の鍋を作ってみました。

その名も、、、、、 「白鍋」 !!!

なぜかというと、入ってるものがみんな白いの。

お豆腐、白菜、ネギ、豚肉。
ダメ押しで、これらを「白だし」で煮込むんです。

この白だし、今うちの母親のブームらしく、
欲しいとも言ってないのに買い与えられた一品。
色々なメーカーから出してるみたい。
確かに超お手軽で美味しい。

私、料理に凝る時は前の晩から昆布と鰹節で
きっちり出汁を取ってしまったりするタイプなので、
(こんなに威張るほどじゃないな、、、。)
こういう「これだけ入れればOK!」系のものに
若干の抵抗を感じたりするのですが、
あまりに簡単で美味しくて癖になりそう。

で、本題の「喧嘩上等豆腐野郎」ですが。

これまた「男前豆腐」に引き続き、とっても美味しかったです

※見せるほどのビジュアルじゃなかったので、
画像は控えさせていただきました。

ここのお豆腐、全体的にまったりとして大豆の味が濃い感じなのですね。
本当に美味しい。
お豆腐そのものが美味しいのはわかったので、
今度は「がんも番長」に挑戦してみようかな〜。

「男前豆腐」のおかげで、図らずも第1次お豆腐ブーム到来です。
自分の中で、ね。
豆腐の日(10月2日)生まれだし、来るべくして来たブームなのかな。

美味しいので、皆さんもぜひ〜
■プロフィール■
■名前:アヤ■
■誕生:10月2日■
■職業:マスコミ関係のお仕事■
■出没:東京都港区周辺■
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像
» ご無沙汰しております。 (2010年06月09日)
アイコン画像キッッッターァァ!!!
» ご無沙汰しております。 (2009年11月12日)
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» ご無沙汰しております。 (2009年06月14日)
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» ご無沙汰しております。 (2009年05月11日)
アイコン画像啓次
» ご無沙汰しております。 (2009年05月05日)
アイコン画像褌一丁
» ご無沙汰しております。 (2008年10月17日)
アイコン画像摩人
» ご無沙汰しております。 (2008年10月11日)
アイコン画像コンプ
» ご無沙汰しております。 (2008年10月03日)
アイコン画像まさる
» ご無沙汰しております。 (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» ご無沙汰しております。 (2008年09月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:10aya02
読者になる
Yapme!一覧
読者になる