長いご報告。

September 22 [Mon], 2014, 10:40
ご報告。

ここ数日?数週間?個人的に、いろいろありました。
それが原因でブログ書いてなかったってわけじゃないんですが、
8月19日(火)に妊娠を知りました。



生理が10日ほど遅れており、思い当たる節もありつつ
体調がいまいち良くなかったりで、
週末にでも市販薬で検査するかーと思っていましたが
いずれにしても早いほうがいいと思い、検査したら陽性で。

妊娠は正直、(現時点では)望んでいなかったので
あたま真っ白。と、までは言いませんが
どうしたものかと、けっこう考えました。

いまのだんなさんとは、交際と同時に入籍し8ヶ月、
まだ旅行にも遊園地にすら行っておらず
一般的に夫婦というか、恋人らしいこともしてなかったですし

何より、金が無い・・
本当に無いんです。貯金は引っ越しで限りなく0になりましたし
出産費用←戻ってくるとは言え4-50万とか用意できません。ええ。
てか、産休中、彼の給料だけでは到底やってけない(そもそも)

産んですぐ保育園預けて仕事復帰すればなんとかなりそうですが
それらすべて単なる「想像」

保育園が見つかるか不明ですし今の職場に復帰できるかも不明・・
再就職できるかどうかも不明。兎にも角にも、先行き不安・・
そんな中で、明るく子どもを育てられるのか??

子どもができたから、産む
それが責任の取り方と思うひともいると思いますが
わたしは、そうは思わない人で・・
じゃあ、どうやって責任取るのかって言われると、
はっきり答えることもできないんですが。

命を軽く見てるつもりはないのだけれど
結論?決断?するということは、とても、難しかった。

でも、まぁ、最終的には、お金はなんとかなる!
という(根拠ない)結論に行きつき、

出産前までに、30万ぐらい貯めることができれば
家賃は貯金から賄えるし、最低3カ月は生活も保証されます。
それに、失業保険(計算上15万円くらいが3ヶ月にわたって支給されるはず)だったり、
児童手当(4ヶ月置きに6万円)だったりと
国からの援助を始め使える制度はフルに使えば来年いっぱいはなんとかなる説が浮上。

となると、大切なのは、重要なのはお金の問題じゃなく
むしろ、気持ちのほうなのかなと。

ただ、今回は、タイミング、準備(貯金も気持ちも)不足だったから
ごめんねと見逃して、(中絶して)

次回(いつか不明)タイミング、準備(貯金も気持ちも)が整ったから
はい産みます。ってのも、なんか違う気がしてて、
それはあまりにさいしょの子に対して失礼で申し訳ない。

まぁ、このへん賛否両論だと思いますが、
ひとそれぞれの考え方、価値観の違いということで受け流してください。

で、妊娠(仮)を知ってから、いろいろ調べたのだけど排卵日にHしても、
25歳〜30代前半の自然妊娠の確率は25〜30%程度で、
30代後半での確率は18%
40代前半での確率は5%まで下がるらしいのですね。

それを読んで、(変な)想像をしたわけなんですが・・

今回の妊娠/受精をイメージするに
彼の青年精子
道に迷っていたわたしのおばあちゃん卵子
(見かねて)助けてくれて、手を引いて(子宮へと)導いてくれたような
そんな映像?アニメーションが脳内に浮かんだんですよね。不思議ですが。

そして、やはり、妊娠はある種の奇跡なんじゃないかなと
思うようになりました。

ていうか、この時期、妹にはあったという「つわり」が
わたしには一切なく、
妊娠じゃなかったりして・・(ここまで騒いでおいて)みたいな説も。

てか、逆に妊娠ではなくて婦人病だったりするのが怖い。。
子宮外妊娠も怖いが。。
というぐらい、体温(体が)熱いなぁーってことぐらいしか異変がなかったです。



8月23日(土)に彼といっしょに病院に行きました。

市内でも人気の婦人科ということもあり
診察までに2時間半?お会計までにさらに1時間半?
9時に行ったものの、病院を後にしたのは14時・・・・
朝マックしといてよかった。。終わる頃には、腹ヘリでしたわ。。

結果、妊娠していました。胎嚢がエコーで確認できました。
それでも、実感ないんですが。※現時点では、妊娠6週目らしい。



診察は5分程度、
椅子に乗って、椅子が回転して、両足が開脚(自動)して
何かグニグニっと入ってきて、終わり。

女医さんには、来週か、さ来週には心拍が確認できる(はず)
なので必ず診察に来てくださいと。

2回目以降は、独協医大に通うつもりだったのですが
土曜は診察していないことが判明・・・

出来れば、だんなさんと通院したかったんで
(激混みだけど、土曜も診察している)S医院に(このまま)通うことに決めました。

心拍が確認できないことは度々あるそうで、初期流産・・
その話を聞いたり、ネット調査したりしてるうち
わたしは、だんだん&どんどん不安になってゆきました。

どーにも、妊娠してる気がしないのは
元から、育たない命だからなんじゃないかなとか、
いろんな不安が子どもに伝わって、心臓を動かすことを諦めてしまうんじゃないかとか

でも、初期流産は、お母さんのこころがけ次第でどうにかなるもんじゃなく
先天的?なものだから、しょうがないようなんですが・・
お腹に手を当てたところで、全く無反応だから、知る由もなく、
心拍確認できなかったらどうしようという不安を毎日抱えながら
1週間過ごしました。

そうそう。病院なんですが、通おうと決めた激コミのS医院はヤメにして、
同市内の、T医院に通うことにしました。

通うというか、視察?を兼ねて、とりあえず行ってみることにしました。
助産師のお友だち、はるなちゃん曰く
病院を決めるポイントは人それぞれだけれど
産後のケアもしてくれるところってのをチェック項目に入れてもいいのかなと
母乳のこととか。
正直、産婦人科って、産むまで。って気がしてたんで
彼女からのアドバイスは、ほーーーって思うことがたくさんありました。ありがと。

あとはやはり高齢なので、できれば大学病院のほうが
万一のときにも安心ってのはあるのかなと。

S医院のメリット・デメリット

・綺麗
・人気なので安心?
・(たぶん)治療費が高い
・(すごく)待たされる
・(なんだか)看護師が怖い

 T医院のメリット・デメリット

・古い(らしい)
・待たされない
・治療費も安い
・独協医大の先生だったひとが開業したので連携良さそう

なので、T医院では

・当初S医院に行ったが合わなかったのでこちらに来てみました
・独協医大も考えたが土曜休診なので諦めた(旦那さんが付き添えないから)
・しかし年齢的にもやはり大学病院がいいということであれば
次回もしくは妊娠後期から独協医大に転院?したいが可能か否か
・こちらでは産後ケアのようなものはどれぐらいやっているのだろうか

みたいなことを聞いてみようかなと。

クチコミではエコーが古いようで性別判断が
普通の病院より遅い(早くて16周ぐらいで分かるらしい)と書いてあったので
4Dエコーがあるのか性別判断時期はどれぐらいになるのかも
合せて聞いてみようと。

そして、胎嚢確認から1週間。
てゆーか、わたしまったく、つわりが無いんですわぁ。



この表、つわりの開始時期グラフなんだけど、現7週目だから、
もしかすっと、このまま、つわりを体験することなくFINSHするかもですね

そして、数日前から胃痛を日々感じるようになりました。
みぞおちあたりが、キリキリ痛む感じです。
いろいろ原因はあるみたいです。
ストレスだったり、子宮が胃を圧迫?してるとか
でもまぁ、症状といった症状はそれぐらいでした。



8月29日(金)に2回目の検診に病院に行きました。

本来は30日(土)に行く予定だったのですが
この日、ものすごく眠くて眠くて、尋常じゃないくらい眠くて起きれず、、
遅刻しようと思い、(結果、全休したのですが)
どーせならと思い、1日早く、行ってきました。
だんなさんは(もちろん)仕事でしたので、妹に付き添ってもらいました。

1度目とは違うクリニック、T医院に行ってきました。
待ち時間ほぼ0!初診料4000円!
1回目に行ったS医院では、8000円だったのに・・

先生(男性)がなかなか面白い人でした。
院自体は確かにクチコミ通り古いけど、コミュニケーションという意味では
断然こちらのほうが安心できる感じでした◎

で、運命の心拍確認。
内診するのかと思いましたが違いました。
あのジェルみたいの塗って、機械をあてる感じでした。
相変わらず、タイノウは見えてました。




先生が特に何も言わないので
わたしもじっと画面みてたんですが、
え?動いてるんですか?(どこがどう?)
みたいな感じで。。

後から入ってきた妹も、先生も看護婦さんも
確認できたみたいなんですが
わたしには、どの部分が、どう動いてるのか全く分からず、
目を凝らしてるんですが、分からず・・・

暫くして、ようやく、心拍というか
ミジンコのようなものがピクピク動いてるのを(なんとなく)
確認できました。

ホッと一安心。なところなんですが
なんだかまだ安心しきれず・・といった感じでした。

次回2-3週間後に来てくれとのことだったので
だんなさんの休みに合せて、9/20(土)に診察に行くことにしました。
この時点で10週目となり、
この時点で心拍が確認できていれば、流産の可能性もグンと減ると思いますので
そのタイミングで、このブログ(現在は下書き)やSNSなどで
妊娠の報告をしようかなと思ってます。



※母子手帳貰ってきてと言われたので
病院帰りに貰ってきました。金曜でよかった!
付き合ってくれた妹にも感謝です。
たまひよアプリもダウンロードしときました。





さて、9月に入りました。
3回目の検診を前に、完全なるマタニティブルーになっております。

39歳、高齢出産。
ついつい、マイナス記事ばかり検索して読んでしまうのですが
高齢になればなるほど、障害児を出産する可能性が高くなるのは事実。

血液採取で判定?ができる(友だちの姉もやってたという)
クアトロテスト。←新出生前検査
おそらくいまは、3万くらいで実施できて、
そこで結果が陽性だと、羊水検査をする流れ?になっているようです。



けど、どうなの?
妊娠20週前(胎動さえ確認できる時期)に
ダウン症の子を身ごもったからと言って、堕胎できますかね?
ムリですよ。母性ないあたしでさえ。
でも、実際は、このタイミングで中絶を選ぶ方が9割以上だとか。

どちらにしても産む。
と決めているのであれば、そもそも検査を受ける必要など
無い気もします。

受けて陰性だったら、一安心。
受けて陽性だったら、こころの(障害児出産)準備?

わたしの性格上、受けてから結果が出るまでの数週間
きっと気が気じゃないと思われます。。

40歳で障害児を出産する可能性はざっくり1/100
そう、1%の確率なんですね
ふつうに考えたら、わたしは、残りの99人に入る気がします。
でも、代わりに誰かが・・なんですよね。
そもそも世の中すべてがそういう仕組みです。

助産師の友人、はるなちゃんにいろいろなアドバイスをいただきましたが、
旦那さんに支えてもらうとか
奥さんを支えるーとか、そういうんじゃなくて、
2人(揃って)参加(出産に対して)してください!
って言われました

そしてわたしも、不安だ不安だと口にするだけじゃなく
何がどう不安なのかきちんと話して、夫婦で解決しましょうと。

・・ですよね。

なんか、我が家って、わたしが9割決めて、提案して
だんなさんは最後にゴーサイン?を出すっていう図式だったんですが
今回の件は、そういうわけにもいかず
やはり、ふたりの子なので、ふたりの意見、気持ちがしっかり固まらないと
ダメだよなって強く感じました。

いまのところ、何の検査も受けないつもりですが
それでも不安は不安なので、とりあえずは3週間後に控えた検診で
先生に相談してみるつもりです。



そして、10週目
前回、心拍が確認できても次の検診では・・・ということも
多々あるようだったので、繋留流産しているかもしれない
という覚悟を持ちつつ・・診察台へ。

今回はだんなさんもいっしょでしたが
ご覧のとおり、前回より胎児が胎児らしくなっており
真ん中の真ん中でめっちゃ早く鼓動が動いてました^^
1分に200回だとか。



左が頭です。宇宙人の死体←縁起悪い
みたいです。

これでもう安心というわけでもないけど
気にしていた10週の壁はなんとか乗り切ったので
少し安心できました。
このタイミングでFacebookへも妊娠の報告をさせていただきました。

報告することで、皆さんからのお力添え、アドバイスがもらえたら
とても心強いなーって思ったのが理由です。



今回の検診では、子宮頚がんの検査なんかも行いました。
次はまた3週間後に検診。

出生前検査をどうするかとか
出産は大学病院のほうがいいのかとか
便秘がすごいとか
相談するつもりだったのですが、すっかり頭から抜けてしまった。。
次こそは。



それからまぁ、どうでもいいことなんですが

この記事を持って、ブログの更新を終わりにしたいと思います。

妊娠について、事細かに書くつもりも特になく、

出産について、子育てについて、事細かに書くつもりも特になく、

それ以前に、

結婚してから、書くということについての興味が薄れてしまいました。

またどこかで違う形で文章を書いたり、それをWEB上に残したりすることは

あるかもしれないけれども、一旦は終了させていただきます。

ありがとうございました^^



特に何もないですが、

日々のちょっとしたことはTwitterに呟いてますので

よろしければフォローしてください。

https://twitter.com/chiemisan



P R
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30




Comment
アイコン画像chiemisan
» 土曜日 (2014年06月30日)
アイコン画像りりか
» 土曜日 (2014年06月28日)
アイコン画像りりか
» 物件回り (2014年06月08日)
アイコン画像chiemisan
» 四十九日のレシピ (2014年05月01日)
アイコン画像りりか
» 四十九日のレシピ (2014年04月28日)
アイコン画像りりか
» save the date! (2014年03月22日)
アイコン画像りりか
» LIFE MALL (2014年03月20日)
アイコン画像chiemisan
» グラタン (2014年03月19日)
アイコン画像chiemisan
» 男子ごはん (2014年03月19日)
アイコン画像りりか
» 男子ごはん (2014年03月19日)