高速料金がETCで1,000円になれば?

November 03 [Mon], 2008, 22:15
高速料金が土日祝日限定で上限1,000円になるというニュースですが、恩恵を受けるためにはETCの搭載が必要になってきます。



って、今ETC車載機はいくらするか、

楽天ランキングを確認!

ETCなんていらねー!という声がまだまだ聞こえてきますが、ETCはホント便利ですよ。

まず、ハイウェイカード無き今、高速料金が割り引かれる制度はETC割引しかないわけですから。

ETCの利用にはクレジットカード、つまりETCカードが必要になりますが、クレジットカードが何らかの理由で作れないという人もいるかもしれません。

そんな人でもETCを利用できる手段はありますので、ETCの搭載を諦めないでくださいね。

っていうか今はそんな話ではないでの、クレジットカードが作れない人のためのETC利用術はまた別の機会に譲ります。

ハイウェイカードがあった頃って、5万円のハイウェイカードを買えば58,000円分の高速料金がハイウェイカードで利用できたじゃないですか。

今はETCのポイントサービスによって全く同じ割引が受けられます。

5万円分高速道路をETCで利用すると、ポイント付与により8,000円分高速利用することができます。

しかも、ETCカードの自動ポイント付与サービスを利用しておけば、ポイントが貯まれば勝手にポイント利用に切り替えてくれますので便利です。

「あれ?先月高速乗ったのに請求ないなー」なんて思ってたら実はポイントが貯まって高速料金が無料になってた!なんて嬉しい驚きも経験できます。

ETCに今ひとつ二の足を踏んでしまっている人はこの機会にETC搭載を考えてみては?

こんな選び放題です。

高速料金が1,000円に!

November 03 [Mon], 2008, 17:46
高速道路の土日通行料金が上限1,000円になるという経済対策が国土交通省より発表されました。

高速料金が1,000円です。それも、「上限1,000円」。

東京〜青森が1,000円ということになりますね。

ただ、もちろん限定条件はあります。まず、高速料金が1,000円になるのは土日祝日限定であるということ。

それから普通車と軽自動車であるということ。

※商用車でも普通車及び軽自動車であれば高速料金は上限1,000円ということらしいです。

最後に重要な限定条件、高速料金1,000円の対象はETC通行車限定ということを忘れてはいけません。


コレつけないとね。

ETCは導入していないとめんどくさく感じるかも知れませんね。

でも、最近はだいぶETC車が増えてはきましたが、一般レーンの渋滞を横目に一気にETCレーンを通過する快感は味わってみるとヤミツキですよ(笑)

それでは、国土交通省の公式発表内容を引用しましょう。

『1)土日祝日、大都市圏を除く高速道路、乗用車を対象、大幅に料金を引下げ(原則1,000円、場所によっては1,500円程度)

2)平日、大都市圏を除く高速道路、全時間帯に割引を導入(3割引程度)

3)首都高速、阪神高速、休日、一定の割引を導入』

一番気になるのは「いつから」高速料金が1,000円になるの?ということですが、これはまだ発表されていません。

年度内の実施を目指すという煮え切らない発表がされているのみ。

ということで、この「高速料金1,000円」について、経済効果や私たちの生活に与える影響などについて、思いついたこと、発表されたことをエントリーしていく情報まとめブログとしてお付き合いください。

ETCまだの方は車載器準備しといた方がいいですよ。

楽天ランキングを見ると、この値段ならメリットの方が絶対大きいはずですから。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ