なぜ結婚しなきゃならないの?

July 19 [Fri], 2013, 14:22
TVなどを観ていると、どうしてこうも「儀式形式」ばかりを前提にして、事を運ばせようとするのだろうと、つくづく嫌になってしまうことがあります。ま、最近は、TVを観ませんが。

結婚は、すべきもの、結婚式は、挙げねばならないもの……お笑い番組であれ、トーク番組であれ、はたまた、政治(少子化対策など)や音楽にいたるまで。

アラサーだの、アラホーだの、婚活だの、合コンだの、勝組だの、負組だの、できちゃった婚だの、バツイチがどうの、バツニがどうのって、ウルサイかぎりです。

「できちゃった婚」って、よくわかりませんよね。これは、日本にしかないことだそうですよ。「子どもができちゃったから結婚しなきゃ」という観念にかられるのは、それだけ「婚姻届けを出すのが正しい結婚」だとか、「結婚していないのに、子どもを作るのはけしからん」という、社会通念が強いことを、物語っていますし、

また、子どもができたあとで、遅ればせながら籍を入れるということは、世の中の移り変わりを、かなり顕著(けんちょ)に表していると思います。ひとことでいうなら、子どもを産むのに、結婚は別に必要なくなったということになります。

子どもは、欲しいけれど、結婚は、したくない、という女性も増えていますしね。

⇒婚外子のすすめはコチラ!

●ホントは怖い「民」の字

January 07 [Mon], 2013, 14:22
●ホントは怖い「民」の字

「国民」という字にに使われている「民」という象形文字(しょうけいもじ)の語源をご存知でしょうか?

「民」とは、権力を持たない一般大衆のことです。「官・官僚・霞が関」の対義語ですね。国の対義語だともいえます。

実は、この「民」という字は、目を針(鍔・ツバがあるのでナイフか刀でしょう)で刺す様子を描いたもので、目を針で突いて目を見えなくした奴隷(どれい・被支配者)をあらわしています。

目が見えず(視力を失わせる)、分別(ふんべつ・物事を識別)できない者、支配下におかれた奉仕者という意味です。また、情報を極力与えない、内容をわかりにくくして煙に巻く、という裏の意味もあります。

「民は、盲目(もうもく)なり」ともいわれます。国民は、国がなんでもやってくれると思って(思わされて)いますが、国は、「民」のことなど、いっさい考えていません。国民とは、国が使用する、国の使用人(マインドコントロールされたドレイ)のことです。

使用者は、使用人のことなど、いっさい考えていないのです。ヒツジ飼いは、ヒツジのことなど考えていません。ヒツジ飼いが考えているのは、ヒツジの肉や毛で、今月は、どれだけ稼げるかだけです。ヒツジを育てているのは、おカネのためです


続きはココからどうぞ

男の道楽と女の嘆き

December 11 [Sun], 2011, 15:47
●自然即神

 その昔、「自然即神」。そんな考え方が普通にあった。しかし、いまはない。なぜなくなったのか?

その原因は「男」だ。男は、そもそも「ライオンのタテガミ」で、つまりは、女を引きつける「虚勢・ギャンブル(Gamble)」に過ぎない存在なのだ。

男には、自然という実体がトンとつかめない。それに対して「女」は、生理といい、妊娠、出産、子育てといい、女は、自然そのものなのだ。

そんな自然をカラダで認識できない男に、少なくともここ四千年、実権をユダネテしまっていた。その結果が、このザマだ。母なる自然を、ここまで破壊しつくしてしまった。そして、まだそのタテガミの示威行動は続いている。

男には、自然なんて、どうでもいいことで、つまり、自然は、自分のカラダ自身なんだという認識なんて、サラサラない。男にとって重要なのは、女を引きつけ、あわよくば、妊娠させ、自分のDNAを繋ぎたいという「虚勢」なので、死ぬまで、張り続ける。実に、単純で、ヤッカイな生きものなのだ。

⇒男の道楽と女の嘆き

結婚なんていらない!

December 01 [Thu], 2011, 13:25


●結婚制度の崩壊

 いま中国には、「閃(せん)婚族」とか、「閃(せん)離族」という言葉があるんだそうで、「閃光のごとく、すぐに結婚し」、「閃光のごとく、すぐに離婚する」らしい。

疾風(はやて)のように現れて、疾風のように去っていく。月光仮面か(笑)


70年代後半から始まった、ひとりっこ政策のこどもたちが成人し、結婚しては、離婚を繰り返しているらしい。ひとりっこ政策で、結婚して子供をもうけるのはいいけど、離婚して、再婚して、また子供をもうけて、また離婚して・・・

そんな事してたら、ひとりっこ政策の意味なかったんじゃないの?そう想ってしまうのだ。


ひとりっこだから、親の愛情を一身の受けて育っちゃった。

ひとりっこたちは、愛は受けるもの、独占するものだと、どうやら考えているらしい。

結婚に伴う、責任や義務は負いたくないし、必要な我慢も出来ない。だいたい、相手を思いやるココロが、まったく育っていない。そんなもの育てる必要もなく、みんな親がやってくれたからだ。

わがままさえいっていれば、何事も親が与えてくれる。わがままは一人前に覚えて、自己主張だけはできるけど、相手のいうことやキモチなど、とんと解らない。いや、解ろうというキモチさえない。

こんなのは、煮ても焼いても食えない。そもそも、彼らは結婚に向いていないのだ。


そんな彼らも、いつか必ず、結婚とは責任が伴うもの、夫婦とは積み重ねていくものだ、ということが分かるはずだ。いや、そうあってほしい。なぜなら、こどもができたら困るからだ。

こどもは、わがままな王様だ。すべての愛を独占したがる王様だ。独占しょうとする親と子が対立すれば、結果は目に見えている。最近のこどもの虐待事件は、こんなところで発生しているのではないのか?

はたして彼らは、事件や離婚という代償と引き換えに、成長していくのだろうか?いや、それより、なにより「結婚制度」そのものが崩壊し、新たな男女関係や子育てが求められているような、そんな気がしてならない。

きっと、現「結婚制度」は、すでに終わってしまった、古い制度なのだ。男女は結婚するものという常識は、いまの社会の現実をを観れば、もうすでにないように思えるのだ。

それもそれ、広東省、普寧市当局で、「ひとりっこ政策」を破って、2 人以上の子供をつくった夫婦には、輸精管や卵管などを強制的に結紮(けっさつ、結んじゃう)手術されちゃうらしい。

結婚とはなんなのか?どうしても、結婚しなければならないのか?「人口」って?


⇒愛のラブタイム・How to the Sexual health care.

★「地球市民」の時代が来た!

September 06 [Tue], 2011, 20:19
 ←ひぐらしセミ

 ちょうど、今頃の季節、子どものころ、ひとり、山に登り、その下山途中で、夕立にあいました。あたりは、すっかり暗くなり、時折、雨と風がたたきつけます。

そんな中、まわりの森から、何百ものオバケが、「ケケケッケッケェ-ッ」と叫びながら、遠くになったり、近くになったり、また、頭の上を襲来します。左からも、右からも。後ろからも、わたしに向かって、飛びかかってくる。姿は見えません。怖ろしいの、なんのって。

ちじみ上がって、カラダがガタガタ震えて、いや、走ったのなんのって。あんなに早く走って逃げたのは、あの時以来、記憶にありません。

夕立が去って、まわりが少し明るくなってくると、正気をとりもどしました。「あれは、一体なんだ?!」頭がおかしくなったのか?それとも幻か?それから、しばらくの間、その正体が解らず、日が過ぎていきました。

そして、まもなく夏休みも終わろうというころ、突然、その解答がひらめきました。こいつだ。


●オバケの思い出
●オバケの正体
●おカネ主義と自然主義
●不信と信頼
●持続可能なシステムへ

⇒★「地球市民」の時代が来た!

2011年09月04日のつぶやき

September 05 [Mon], 2011, 0:00

2011年09月02日のつぶやき

September 03 [Sat], 2011, 0:00

2011年09月01日のつぶやき

September 02 [Fri], 2011, 0:00
  • カネタタキが、どこで鳴いているのかと思ったら、布巾の間に隠れて…かわいいね!ハエタタキでもフクロタタキでもないよ? Posted at 05:35 PM
  • http://twitter.com/aigaia

ガイア・自然が願う、その目的と考え

September 01 [Thu], 2011, 10:24
 秋、田んぼは、金色のカーペット。おなじみの美しい日本の情景。

でも、田んぼって、大変なんですよ。春も早い内から、田起こし、水入れ、代(しろ)かき...、汗して、秋になって、やっとこれです。

ともかく、世話がかかります。生きものですので、解っているようで、解りません。

過去は、こうだったから、必ずこうなるって訳ではありません。解らない、なんで?ってことは、ショッチュウです。

自然を受け入れ、育(はぐく)むことは、容易ではありません。

でも、わが子のようで、とても楽しく、愛(いと)おしく、収穫の喜びは、なにものにも、変えがたいものがあります。収穫物が、キラキラ輝いてみえます。

自然こそ自分。自分こそ自然だと、思える瞬間です。

生きている喜びに、感謝したくなります。それが収穫祭です。自然を受け入れることは、自分を受け入れることなのです。


●収穫物が輝いて
●自然は、ワンタッチではない
●自然の意志とヒトの意志の違い
●緑・グリーンは、生きもののベース・基礎
●奇跡の星の、奇跡の生きもの
●生きものの法則を学ぼう
●自然(ガイア)の目的と共通の目的をもとう!



ヒトは、怠惰を求める生きものです。「より便利に・使いやすく」は、怠惰(たいだ)を生みだします。

そして、怠惰は、「腐敗⇒不信⇒戦争」へと流れていきます。いま、わたしたちが体験している現実は、「より便利に」を追及してきた結果です。


⇒ガイア・自然が願う、その目的と考え

2011年08月29日のつぶやき

August 30 [Tue], 2011, 0:00
P R
メールフォーム
タイトル

内容
Yapme!一覧
読者になる
アクア/水
緑の指
惑星を救え!
生々流転
ネズミは語る