6 

May 09 [Wed], 2007, 19:42
こんなにしょっちゅう書くのもそろそろ続かなそうです。
もともと利用してたサーバーさんが復活したら、またそっちで隠れて個人的に書きたいと思ってます。

銀魂の何巻だかを読みました。十六?十七?
新八も最初は、不幸を背負う少年な設定だったのだろうけど、
沖田の不幸さに比べたら…(涙
同じ弟なのに。可哀想です。

銀魂は時々ツボな話があって好きです。
短編なのもおもしろいし読みやすいと思います。

5 

May 07 [Mon], 2007, 22:37
テンミリオンのキャラって、まだみんな不安定です。
随分前、最初に書きたいと思ってた話が
ジャングルでの戦争⇒討伐隊乱入的なものだったので、
一応みんな登場してるのですが…。
色んなところでたくさんの方の作品を見て、最近だいぶ固まってきたかなと思います。

その時考えてたので一番ヒロインっぽいのはリンでした。
今も多分そうです。マゼンダは準主人公、みたいな。
私のマゼンダはヒロインとして越えてはいけない一線を踏み外した感じです。
どんなだよ。

4 

May 05 [Sat], 2007, 22:16

ブレイブストーリーをちらっと見て思ったんですが、
自分的にクロウはミツルに近いと良いです。
ほんとは優しくて、それなのに自分が世界が狂っていく感じ。
ブレイブは小説読みましたが、映画はみんながハッピーエンドでしたね。

こんなイメージばっかりのクロウじゃ誰とも仲良くなれないな…

3 

May 04 [Fri], 2007, 18:06
 

「クロウって、クラシック聴くんだー。 何ていう曲?」

「……『魔王』。」

「…………。」


シューベルトの。
意味不明なんちゃってシリアスものを考えた後は、何だかすっきりします。
そしてこういうのに走る。 そしてループ。

 

2 

May 04 [Fri], 2007, 14:59
 
「……それ以上、動くな。」


真っ直ぐに矢の狙いを定めて、ブルースの凛とした声が響いた。

それに答えるように、ブロントが立ち止まる。
やがて静かに剣を下ろすと、抑揚の無い声で呟いた。

「殺せよ。」

「…………。」

それからおもむろに振り返り、正面からブルースと対峙する形をとる。
血に染まった金髪は、見覚えのある紅い色。

寸分違わず、自分に向けられた矢の切先を見つめながら、
両手を広げ、いつものように微笑んで。

「ちょうど俺も、お前に殺されたかった。」


「死ぬことは、償うことじゃない。」

ブルースが低い声で叫んだ。

ブロントの表情は変わらない。
ブルースも、弓を下ろさないまま、

「罪を背負って生きることが償うことだ。」

悲壮な表情で、再び声を荒げた。

「俺たちにはまだ貴方が、指揮を執るリーダーが必要なんです。」

憎悪。哀しみ。後悔。
様々な感情に押しつぶされそうで、声が震える。


「そしてそれ以上に俺たちには…お前が必要なんだよ、ブロント……。」






そんな2人だったら(どんな
回転世界のフォトグラフ様より、お借りしたお題、
「死ぬことは償うことじゃない。罪を背負って生きることが償うことだ。」
のボツネタです。

1 

May 03 [Thu], 2007, 17:20
 
とりあえずなにか書こう。
これが発足した原因は、テンミリオンが夢にでてきてショックだったからです(…。

愛はみんなにありますが、何か書こうとするとクロウ贔屓になってしまいます。ネタになりやすい。
ブロント、マゼンダ、そしてクロウ。 とブルース。
くらいの感じです。 ジルバやリンやも好きなのに…!

ブログってきれいだし、可愛いけど面倒だなあ。


o 

May 03 [Thu], 2007, 16:13
 
メモの為にヤプログさん利用させていただくのもどうかと思いましたが
探すのも面倒なのでひとまずこれで。

今、というか今日、テンミリオンが熱いんです。

2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる