20歳、30歳からでも体の老化は急激に始まる…

February 27 [Sat], 2016, 19:16

今、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗えるだけの抵抗力の無い人たちが増えたことや、受診の遅れが素因のアウトブレイクや院内感染が増えています。

耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3種類に大別されますが、この中耳付近にばい菌やウィルスが付いて発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼んでいます。

汗疱とは掌や足裏、又は指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が現れる病気で、大抵はあせもと言い、足の裏に現れると水虫と混同されるケースもよくあります。

脚気(beriberi)の症状は、主に手足が痺れるような感覚があったり下肢の著しい浮腫などがよく見られ、病状が進むと、悲しいかな、呼吸困難に至る心不全を発症することがあるそうです。

不整脈である期外収縮の場合、健康な場合でも出ることがあるのでさほど深刻な疾病ではないにせよ、短時間で発作が再三起こるケースは危険な状態です。

20才代、30才代で更年期が来たとすれば、医学的には「早発閉経(そうはつへいけい)」という病のことを指します(この国の場合40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまう状態を「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義しています)。

H17年2月から新しく特定保健用食品の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった日本語の文章の記述が食品メーカーの義務となっている。

WHO(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波の異常な浴び過ぎは皮ふ疾患を引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の人がファッション感覚で日サロを使用する活動の禁止を強く先進国に求めています。

自分で外から眺めただけでは骨折しているかどうか分からない場合は、違和感のあるポイントの骨を弱い力でプッシュしてみて、その部位に強烈な痛みがあれば骨折の疑いがあります。

学校など大勢での団体行動をするに当たって、花粉症の症状が主因で皆と一緒に明るく活動できないのは、患者にとっても辛い事でしょう。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事が欧米化したことに加えて喫煙・お酒・肥満症等の生活習慣の質の低下、ストレス等により、こと日本人に多く発病している病気の一種です。

ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無くなってしまった後に販売される、新薬と同一の成分で経済的な自己負担が小さくて済む(薬の価格が安価な)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

パソコンの光のチラつきを抑える効果のある専用メガネがことさら人気を集めている理由は、疲れ目の低減に多くの人が挑戦しているからだと考えることができます。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、3〜4日ちゃんとお薬を飲めば、大体、ほとんどの患者さんの自覚症状は消失しますが、そうは言っても食道粘膜の腫れや炎症が癒えたとは断定できないのです。

下腹の疼痛をよく起こす主な病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な病名が挙げられます。

普通では骨折に至らない程度の小さな圧力でも、骨の決まったポイントだけに複数回にわたりいつまでも力が加わることにより、骨折してしまう事もあり得るようです。

「肝機能の悪化」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、そしてγ-GTPなど3つの値で確認できますが、ここ数年の間に肝機能が衰えている人が徐々に増加傾向にあると言われています。

陰金田虫(インキンタムシ)は20代〜30代の比較的若い男性に多く確認されており、よくあるパターンとしては股間の辺りだけに拡大し、全身運動をしたり、風呂に入った後など身体が温まった時に強いかゆみに襲われます。

スギの木の花粉が飛散する時節に、幼いお子さんが発熱はしていないのに頻繁にクシャミをしたりサラサラした鼻みずが出続ける症状に当てはまったら、もしかすると杉花粉症の可能性が高いかもしれません。

自分で外から観察しただけでは折ったかどうか区別がつかない時は、違和感のある所の骨をゆっくり触れてみて、もしそこに激しい痛みがあれば骨が折れている可能性があります。

メタボリック症候群とは診断されなかったとしても、臓器の脂肪が蓄積しやすい特性の悪質な肥満を抱えてしまうことによって、様々な生活習慣病を誘引する可能性が高まります。

現代のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室を設け、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ近辺にX線装置用の専門室を用意するのが常識となっている。

日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを助けるという機能が知られており、血液の中のCa濃度を微調整し、筋繊維の働きを操ったり、骨を生成してくれます。

食事をするときは、食べようと思った物を気軽に口に運んで幾度か咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、そのあと人体は実に健気に機能し続けて食物を体に取り入れる努力を続ける。

耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に分けられますが、この中耳の辺りに様々な細菌やウィルスなどが付いて発赤等の炎症がみられたり、体液が溜まる症状を中耳炎と言っています。

老化による耳の聞こえにくさにおいては段階を経て聴力が低くなるものの、多くの人は60歳くらいまでは耳の衰退を確信を持って認識できません。

多くの人に水虫=足、中でも足の裏に現れる病気だと勘違いされやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけということはなく、人の体ならどの部分にもうつるという危険性があります。

ストレスが溜まっていくシステムや、便利な抗ストレス法など、ストレスに関係している正確な知識を学ぼうとする人は、多くはありません。

BMI(体重指数を計算する式はどこの国も同じですが、数値の評価基準は国家単位で異なり、(社)日本肥満学会ではBMI22を標準体重とし、BMI25以上は肥満、18.5未満を低体重と位置付けています。

クモ膜下出血とはその80%以上が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管の不要な瘤(こぶ)が破裂して脳内出血することが原因となって起こってしまう深刻な脳の病気として認識されるようになりました。