皆さんはどちらを選びますか?

November 05 [Thu], 2009, 15:29
今、国会では本来なら、本年度補正予算の審議に時間をかけないといけない時期なのに、野党側がせいて地戦略で音山首相の政治資金に国民の目を向けようとしていますが、これっておかしいですよね。

自分たちが罪にならないように勝手に正当化させた法案があるから、それこそ国民がおかしい、と思ってもなんとも出来ないようにしておきながら、鳩山首相を攻撃しているのは、私はおかしいと思います。

皆さんはどうおもいますか。

私は、先ずはこれまでの政権が築いてきた国民不在の政治゜を国民の手に取り戻すことが先決では無いでしょうか。

前政権は、そうなっては困るから、マスコミまで引き込んで、何が何でも鳩山政権を倒すつもりでいます。

私は、先ずは我々国民の手に政治を取り戻すほうを選びますが、どうでしょうか。
なぜなぜならば、それが出来る政権を私たちが選んだのですから。

前政権はなぜ協力姿勢がないのでしょうか。

October 27 [Tue], 2009, 10:11
昨日の鳩山首相の臨時国会開会でいよいよ鳩山政の幕開けになりました。

私はしばらく前政権を支持し一生懸命応援しましたが、結果はものの見事に裏切られた苦い経験があるだけに前政権には厳しい見方になるのかも知れませんが、

残念ながら、前政権担当政党には、自分たちが日本をダメにしたと言う反省の念はまったく無い様で(あったらもう少し、協力姿勢があるでしょうけども)した。

鳩山首相の所信表明演説の感想を聞かれて、「饒舌で長すぎる」とか、谷垣氏にいたっては「ヒトラーを感じさせる」と言うようなことを言っていました。

確かに過去の名演説と言われるものには「簡潔で短いものが多い」と言われていますが、今回は今までの国民をないがしろにした政権の改革を行う強い気持ちをこめたもので、分かりやすかったし、聞いていて長すぎると思ったことはありませんでした。

また谷垣氏が「ヒトラーを感じさせる」と言うのなら、私には、元小泉首相のほうがよっぽどヒトラーを感じさせました。

まさか谷垣氏はヒトラーにあこがれているのではないでしょうね。
発言を聞いてふと思ってしまいました。

我々国民は、性急な成果を求めず、今後4年間でどこまで国民主体の国に変えてくれたか、と言うことをしっかりと見届けてから、評価を下してもいいのではないでしょうか

なんと言っても前政権が50年以上に掛かって作り上げた国民不在の国を作り変えるわけですから。

鳩山首相の所信表明演説を聞いて

October 26 [Mon], 2009, 15:24
26日の14時からの鳩山首相の所信表明演説を聞きました。
まことに私の願っていた社会実現に向けての施政方針でした

鳩山首相も言っていましたが、この方針の実現は鳩山首相や連立与党だけが一生懸命実現を目指しても決して実現出来るものではありません。

全ての国民が参加してこそ実現できることになります。
と言うことは、今は野党になった自民党、公明党、その他の政党、政治家、そして、全てのマスコミも含まれます。

テレビ、新聞に代表されるマスコミには、多くの情報網から集まった約に立つ情報がたくさんあるはずですので、それらを惜しみなく自ら提供して欲しいと表います。

そして、全員が参加して、みんなで力を合わせても実現できない場合は、大いに批判、非難してもいいと思いますが、参加もせず、高見の見物をしていながら批判、非難をするのは間違っているのではないでしょうか。

国に対して情報公開を叫ぶなら、ますは自らそれを実行して欲しいと思います。

よろしくね!

マスコミ各社の報道体制

October 24 [Sat], 2009, 18:38
新政権に対するテレビ、新聞の各報道機関の対応も新時代の報道姿勢にならないといけないのはないでしょうか。

まだ、政権が発足してから、一ヵ月半も経っていません。

しかし、やっていることは前政権とは違って精力的に色々なことを国民本位の体制にしようと、一生懸命にやっています。

どんな世界でも、試行錯誤や、間違ったり、思ったとおり行かないことは当たり前です。

ましてや、新政権は初めての政権運営を担うにあたって、前政権の後始末もしながら予算編成などをおこなうわけですから、色々あって当然です。

しかし、マスコミの対応の多くは、このような事実を隠しておいて、新政権の行うことをいちいち批判、非難の批評をしているように思えてしかたありません。

日本において政権交代があされたのは、近くは明治維新以来のことになり、特に国民・庶民の力で政権交代をもたらしたのは今回が初めての事なので、マスコミ各社は何をどのように報道すればいいのかわからずに、右往左往しているのは分かります。

色々言うのなら、“それにたいして自分はこうすればいいのではないかと思う”と言う提案もして欲しいと表います。

私の知ってい限りではこのーれを行っているのはNHKの23:40分ごろからの「時論、高論」だけのような気がします。

さすが、NHKです。

中には、先ほどの認めるべき点をまったく隠しながら、まるで火のないところに無理やり煙を出させるような報道をしている東京のキー局や、全国版新聞があるのはマスコミとして情けなくなってしまいます。

マスコミよ、新世代の報道姿勢に変えるべきです。
国民は変わったのですから。

アリと角砂糖

October 24 [Sat], 2009, 15:36
いよいよ22年度の予算獲得の時期になり、新政権による事業仕分けが始まります

私なりの前政権との違いを考えました。


前政権の場合
1個の角砂糖が与えられ、色々な巣から100匹のアリが群がり、たちまち全部が無くなってしまいます
すると、もう一個の角砂糖が与えられます。
すると、これにも群がって一かけらもなく、全部を巣に持ち帰って いってしまいました。


新政権の場合
最初から2個の角砂糖が与えられ、色々な巣から100匹のアリが群がります。
しかし、今度はどの巣にどれだけ本当に必要なのかを調べてから配るようになりました。

当然、色々な巣から「もっと欲しい」「今までのように全部くれ」と言う文句や非難が相次ぎました
しかし、結果として、それぞれが多少の不満はあるもの配分された角砂糖を持ち帰りました。


すると、なんと!
半分の角砂糖が残りました。



と言うことは、これまでの半分多かった角砂糖はどうしていたのでしょうか?

二度とこのような事にならないようにしないといけませんね。