相棒シリーズ【バンドマン?】 

2010年07月16日(金) 18時46分


ある日、公園でいかにも女の子にモテそうなイケイケな男に声をかけられた。

「あれ。あなた何処かで見たことある」

それはあまりにも突然だったので、俺はポカンとする。目の前にいる茶髪ツンツン頭の顔をよく見てみたが、やはり知らない男だ。何やらギターのような箱を肩に下げていて、バンドマンな様子。どうみてもリア充で、俺よりも年上。

「何処かで会ったよね。俺のライブに来たりした?」

バンドマンはどうしても思い出したい様子でそう言う。俺は新手の詐欺かな、なんて思い何も返答出来ずにいた。真昼の公園。子どもが遊んでいない、寂れた公園。ここは巷で有名な心霊スポットで、俺は次のオカルト活動はここの調査にしようと真昼間に一人で訪れていた。(事前調査だから昼間なだけで、こ、怖かったわけじゃないんだから!)どうせ寂れた公園だし、誰もいないだろうと思っていた。なのに何ゆえか、リア充に絡まれる俺。

「あ、思い出した」
「へ」

バンドマンは閃いた顔をしたかと思うと、急に嬉しそうに笑い俺の肩を叩いた。

「なんだ、あの時の。どうりで最近だと思った」


俺はその男についていけず、たじろいだ。見たこともないはずの男と、自分の知らない接点があるというのはどこか不気味に思える。


「思い出せてよかった。よし、じゃああなたにはこれをあげる」

バンドマンは俺に一枚の紙を渡した。それは、ライブのチケットのようだった。俺はその紙をまじまじと見る。「HAY★SAY」というロゴが書かれていた。


「それ、俺のライブのチケット。よかったら来てねえ」

バンドマンはそう言いながら、公園を去っていった。


俺は一瞬で強烈な印象を残していったバンドマンに暫しキョドりながら、頂いたチケットをオカルト七つ道具が入ったウエストポーチに突っ込んだ。

夏の日の出来事だった。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:
    KEN

  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
オカルトが大好きです。都市伝説や怖い話のほか、歴史のミステリーや神話なども好きです。

興味がある方、自分も好きだ!という方は是非絡みにきてください。
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像オリマー魔羅夫
» 霊感の仕組み (2009年01月02日)
Yapme!一覧
読者になる