メイク落としの仕方 

September 20 [Sun], 2009, 10:04
メイク落としの仕方について。メーキャップ用化粧品は油性のものが多いので、水だけでは洗い流すことはできません。そのためクレンジングでのメイク落としが大事になります。正しいメイク落としでは、目元や口、ほおへのポイントメイクを手始めに洗い落としてから、次の手順にいくように心がけるといいでしょう。コットンを使ってポイントメイクを落とす時はコットンの汚れた部分を再度使わないように気をつけながら、メイク落としを使ってメイクを除去していきます。次はクレンジングによるメイク落としです。ポイントメイクをきちんと落とした後、クレンジング剤を手で温めるようにしながら使います。薬指と中指を使って、頬、額、顎に乗せたクレンジング剤を伸ばしていきます。マッサージをするように、まるを描きながらなじませます。拭き取るタイプのクレンジング剤の場合、クレンジング剤が隅々まで馴染んだことを確認してから、ティッシュを置いて優しく拭いていきます。顔の隅だけでなく、まゆや小鼻に落とし残しがないよう気をつけましょう。メイク落としに洗い落とすクレンジング剤を用いている場合は、拭き終わってから微温湯で念入りに流します。少しぬるいと感じる程度の湯を用意し、すすぎ残しに気をつけ顔をこすらないようにしながら流していきます。もし拭き取りタイプのクレンジング剤を使っているなら、濡れコットンなどで拭き取ります。日常的に行わなければならないメイク落としですので、適正な方法でのスキンケアができるようになりましょう。

無駄毛処理

メイク落としの注意点 

June 21 [Sun], 2009, 23:06
日頃からのメイク落としで肌に負荷をかけつづけていくと、将来を見越してのアンチエイジングがうまくいきません。肌にかかる負担をできるだけ小さく押さえるためには、クレンジングのメイク落としは円弧を描くように指を動かします。お肌へダメージがいかないようなメイク落としをするためには、特に目元や口元などの肌を力を入れてこすってはいけません。また、メイク落とし時にマッサージをしているという方はイエローカードです。メイク落としをしながら、ついついマッサージをしてしまっている方も少なくないようです。クレンジング剤は長くつけていると肌に必要な皮脂も吸着してしまい、肌の乾燥の原因を作ってしまい、肌荒れを引き起こすことがあります。できれば、専用のクリームでマッサージをしましょう。洗顔時の水温は、33度前後が適温で、お風呂のお湯よりぬるめの温度なので注意しましょう。33度くらいのぬるま湯を使うと、汚れや余分な皮脂が浮き上がってきて洗いやすく、肌に優しい洗顔ができるといいます。クレンジング剤では、ジェルかクリーム状のものなら肌への負荷が全くないという、性格ではない知識が出回っているようです。どちらのタイプのメイク落としも、少なからず界面活性剤が入っていて、洗浄力が弱いものは時間をかけてクレンジングする必要があります。適切な方法でメイク落としをするためにも、肌タイプに合ったクレンジングを使いましょう。

頭痛
P R
カテゴリアーカイブ
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/0htka6q2/index1_0.rdf