あれから

July 17 [Wed], 2013, 1:03
あれから一年と少しがすぎた。

あなたはすぐに新しい彼女ができた。
私は知っていたけどあなたが好きだった。
あなたを忘れようと、飛び込んだ胸。
身体だけで心のない関係。
忘れることなど出来なかった。

でも私には誰かの予言通りに愛すべき人ができた。
あなたじゃない、人。

あなたと顔を合わせるのも辛くて過呼吸を起こしたりもしたけど、愛すべき人のおかげであなたも私も互いに違う幸せ見つけて友人として付き合えるようになった。

あなたはその彼女と結婚した。
でき婚。だって結婚するには早すぎる。
何の知らせも受けないままあなたは離婚した。

彼女のことをとても愛していたようで、とてもやつれたあなたを見るのは辛かった。

あなたは身を投げ出そうとした時、私のことを思い出して思いとどまったと言っていたね。

次結婚するとしたらみおだと思う。
みおは俺のことあんなに想って尽くしてくれたのになんでもっと一緒にいなかったんだろう。
あのときもっといろいろ連れて行ったりしてあげればよかった。

…今は辛いからそう、思うだけでしょ?
今更すぎるよ。

あんなに好きでずっと追いかけてたのに、今更そんなのないよ。

酔っぱらってない、素面のあなたが私を愛おしそうにするのを見るとどうしていいかわからなくなる。

二番目でもいいから愛して。
みおといると幸せ。

どうして?
私なんかといて何が幸せなの?
二番目に愛されて幸せなの?

大事なら突き放すべきなのにそれが出来ない私も弱すぎる。

ごめんね、また傷つけちゃうのかな?


あなたの錯覚がなくなるまで、少しそばにいたくなる私は弱すぎる。

大事な人をも傷つけてしまうのか、私は。

幸せってなんだよ、ばか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:澪
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/0centimeter/index1_0.rdf