新ブログ

December 09 [Mon], 2013, 9:15
http://ameblo.jp/kuroiyozora/

久しぶりにここを訪れました。

これは今、私が扱っているブログです。
アメーバブログです。

・・・なんかデザインはこちらの方が可愛いですねw

このブログを見るに当たって。

September 27 [Thu], 2012, 9:27
こんにちは。
今回はこの【〜蒼い空はいつまでも〜】をご回覧頂き、誠にありがとうございます。
さて、このブログを見て頂く方に伝えたいことがあります。
●当たり前の事ですが、荒らしは禁止です。
●時に人生に躓き、立ち止まることがあります。その時は優しく見守って下さい。
●時々、更新できない日が発生します。
●何か不適切な内容が書いてあれば、コメントに書いて下されば嬉しいです。
それでは、ここで自己紹介をします。
あなたの血液型は?
≫A型です。【しかし、大雑把なため、友達からO型と言われます。】
あなたの出身国は?
≫土から生まれました。【ウソです。ホントは福岡生まれの福岡育ちです。】

あなたの性格は?
≫性格は荒く、何か悪口を言えば食いついて離れません。お取り扱いにご注意して下さい。

あなたの好きな物は?
≫プリクラ・写真・CD・DVD・ぬいぐるみ・夜空・青空・風・マックのダブルチーズバーガー・ポテト・たこ焼き・水色の小物等・・・

あなたの嫌いな物は?
≫蜘蛛・ゴキブリ・ハチ・ゴーヤ・命令口調の人・腐ったもの。等・・・

あなたの得意とすることは?
≫妄想・歌・人を苛立たせること。音楽等・・・

取り扱い方を教えて下さい。
≫しばらく安静にして、梅肉入りの飴またはダブルチーズバーガーまたはお金を与えて下さい。大人しくなります。またはゲームをさせるのも効果的です。

あなたの気に入ってるアイテムは?
≫今まで貰った先輩達の手紙・友達から貰った手作りの指輪・前はカッターでした。

あなたの幸せだと思うのは?
≫寝るとき・お菓子を食べる時・ゲームをする時・妄想する時【ただの変態ww】

なぜあなたは地球にいるのですか?
≫宇宙に売り飛ばされる時、不良品だったため、地球に捨てられました。人間の形になっているのは地球の情報を体に入れ込まれたからです。

今の所の将来の夢を教えて下さい。
≫う〜ん・・・前はオーケストラ兼フツーのОL。または音楽隊だったけど今の所・・・教師・・・かな?【かなり難易度高いけどww】
                                                                                

あなたのシンボルマークを教えて下さい。
≫やっぱりクローバー!幸せが来るのを願いたいです・・・。

ちょっとしたトラウマ、ありますか?
≫大有り。まず人との関わりが厚かましい。お婆ちゃんから受け継いだ方言。
意外と知らなかった自分の音痴さ・・・。

もし助けた亀に連れて行かれるならどこが良いですか?
≫バージンロードww
嘘です!そうですね〜・・・もし鳥だったら青空まで連れて行ってもらえますけど亀だったら海まででも・・・の〜んびりひなたぼっこでもしたい気分です。


と、まぁの〜んびり、マイペースを貫き通す気の強い女の子が書くブログですが、よろしくお願いします。

時々、喧嘩をしてしまったり・・・。

結構性格のギャップが激しいですww。

音楽、大好きです('▽'*)ニパッ♪

自分で言うのもなんですが、結構特徴があると思います。

これは私の作った詩です。このブログの看板的存在になるように願います・・・


では、下からはNewの記事でーっす.。゚+.(・∀・)゚+.゚  

緊急です!

February 07 [Tue], 2012, 20:26
緊急で引越しします。

これからのブログを見たい方にはメールでお知らせしますので。

それでは。


okamesama2010-muramariyohane@yahoo.co.jp

親・・・・

February 07 [Tue], 2012, 19:50
親。

皆さんにお伝えします。
親がどうやらここを訪れているようですね。

今日もある記事書いていたのですが、親が私のお風呂中に見ていたようでして・・・。
消しました。

はぁ・・・

あ、もしかしたらお引越しするかもです。ブログを。

悲しい。辛い。

February 06 [Mon], 2012, 23:35
苦しいな。

悲しいな。

死にたいな。

様々な感情が私を支配する。
凄く辛いな。

今日、彼と会うつもりで公園へ行った。
でも、雨だからいなかった。

そこは別に良かったんだ。


でも


彼に話したかったんだ。

今日の出来事を。

また前の私に戻ってしまって。授業を抜け出して、先生達から逃げ出した事。
また


過去の自分に戻るの?

キエテシマイタノ?ナニガシタイノサ

一人に戻りつつある私は、また分裂しようとしていた。

授業をサボって、体育館裏にいた。


凄くリスカしたくなって。溜息が10回ぐらい出たよ。
耐えられなくて、壁に頭を何度も打ち付けた。

気絶しろ!

て何度思ったんだろうね。

大丈夫。まだ私の右腕に紅い糸は巻き付いていない。
あ、私左利きなので。切る時、傷痕は右腕に集中するんですよ。

切りたい。

自殺したい。

この世から消えたい。消え去りたい。

こんなに本気で思ったの初めてだわ。

助けて・・・

助けてよ・・・誰か・・・

私の話、本気で聞いてよ・・・。何で皆無視するの?
私がゴミだから?カスだから?

〔人間〕じゃなくて〔物〕だから??

邪魔なら、そう言ってよ。
クラスの生徒も、吹奏楽部の1,2,3年生の人達も、顧問の先生も、担任の先生も・・・

お願い・・・

誰か、言って・・・・

ドラマみたいでね・・・

February 05 [Sun], 2012, 20:05
「なぁ、バレンタインデーさ、チョコくれよ。」
「は・・・?あ、いや、別に良いんだけどさ、断る理由ないし・・・」
「ならいいな。ちゃんと手作りのにしろよ。」
「はぁ!?めんどくさいぃぃぃぃぃ。友チョコとか、一応お世話になったから先生とかにもあげたいっちゃけど・・・第一予算が・・・。」
「いいじゃん。別に。つか何?俺よりか友達とか先生のほうが優先?」
「まね。」
「人間じゃねぇ・・・。」
「最初の時言ったじゃん。うち普通の性格してないっちゃけん。」
「オニ。」
「まぁいいや。何か面倒くさいことになるのは避けたいし。いいよ。」
「ありがとな。あ、つか付けてくれたんだ。それ。」
「うん。オルゴールの箱じゃなくて、今は修学旅行の時に買ったお土産の箱に入れてるけどね。」
「へー・・・」
「なんか、お前さ、ドラマの見すぎっちゃないと???」
「だから口悪いなー。良かったな、俺みたいな貰い手がいて。」
「頼むから皆のために消えてくれ・・・・。」
「ああ、話戻るわ。ドラマ???」
「そ。展開がドラマみたいって言ってんの。」
「ああ〜。そうか??」
「いっつもそうなんだよね。ウチの周りってドラマみたいな展開が起こる。不思議とね。特にウチに関するとドラマ色が強くなる。同情でもしてるつもりなんだろうね。ウチがあまりにも哀れだからね。」
「自分を否定して楽しい?満里奈。」
「否定しないとね、自分が壊れんの。要するに、自分と向かい合う勇気がないってわけ。負け犬とも呼べない。分かる?あんたはそんな奴と付き合ってるわけ。」
「満里奈は俺が後悔してると思ってんの?」
「まーね。男子とか、そういうのは信じてはダメ。どうせ裏切る。しかも相手がウチならなおさらの事。ウチをオモチャの様ににて遊ぶ。」
「なんか・・・変わったな・・・」
「あ、分かった?気付くなら良いことだね。冷めたやろ?」
「いや。別に。ただ、お前は仮面を被ってんだなーてな。」
「は・・・!?意味分からん。」
「本当はそう思ってないだろ?お前は昔から素直じゃないからな。言ってることと心の中は真逆。」
「・・・。」
「で、都合が悪くなったら無言。」
「あっそ。そうですねーあったってますよー。もういいわ。帰る。」
「待てって。」
「腕掴むな!触れるな!」
「んな怒んなって!」

私は嫌だった。彼に本当の自分を出すのが。


隠してたつもりだったのに、彼には筒抜けで。分かってて。それがすごく嫌だった。
他人に、私の本当の心を知られるのが怖くて。嫌で。苦しくて。
私はその時、彼に腕を掴まれたまま





泣いた。





苦しかったな。あの時は。
私は腕を振り払ってさ。どこかへ逃げて、すごく泣いたよ。
でも、なんだかスッキリしたんだよね。涙沢山流したらさ。
学校だったかな?逃げた場所。体育館裏のとこにいた。そこで泣いてた。
私の流した涙には、伝えたいことがいっぱい詰まってて。その一つ一つが重かった。

それらを全て流して、すごく軽くなった気がした。
目が真っ赤でさ。元々醜い顔がさらに醜くなってた。
私はそれが治るまでそこにいて。治ったらあの公園へ行った。

もちろん、居なかった。10分ぐらい学校で泣いててからさ。居るわけ無いじゃん。
私はその足で家へ帰った。
そしたらさ、駐輪場にいたわけ。ウチの水色の自転車に座ってて。寒いのに、薄い私服で。

「ごめん。」
「なんでここいんの。そのまま帰ってて良かったじゃん。」
「お前に謝らないと、今日眠れない。」
「睡眠不足になっちまえ。」
「お?その言葉遣いは・・・許してくれた?」
「気が向いたから。良いよ。」
「ありがとうな。満里奈。」
「どーいたしまして。つか大丈夫か?風邪とかひかれたら困るんだけど。」
「じゃあ満里奈に看病してもらおうかな?」
「無理。だって自転車では遠いし。坂多いし。」
「えー・・・。」

どうですか?

見事に、ドラマの設定のようでしょ?
でも、これが現実だと思うと・・・(/ω\)////
はぁ・・・・

時間は毒だね・・・・

February 04 [Sat], 2012, 22:02
時間は時に薬となり・・・・・

時間は時に毒となる・・・・

どのような時間にするのかは私自信。


私は思う。
死後の世界はどうなんだろう・・・・。
来世で生き返ることはできるのかな・・・・

自分の命が消える瞬間ってどうなんだろうな・・・・
息が止まってから、死ぬのかな・・・・。

時々そう思う。
修学旅行が終わってから彼と会った。
そういうこともあったから顔に出ちゃったのかな・・・

「どうしたの?大丈夫?」
て言われた。

でも、言えなかった。彼とは別に、心に引っかかる人がいるなんて、絶対に言えなかったから・・・。
嘘を突き通しちゃった・・・。

「大丈夫。なんでもない。修学旅行で疲れちゃっただけだから。」

てね。
で、すぐに去年彼の修学旅行時に貰ったペアネックレスを見せて誤魔化した。
彼と付き合ったのは1ヶ月前。もちろんあの時のT君と別れた後です。

去年から彼とは友人関係にあって。

今年、彼は中学3年生。
彼が中学2年生の修学旅行の時にペアネックレスを貰った。
その時は別に何とも思わなかった。親友としか・・・・

でも、彼はペアネックレスをあげたその時から、いや、その前から私のことを好きだったらしい。

要するに私は鈍感だった。彼の気持ちに気付かなかった。
1か月前、私は偶然近くの公園で彼と会った。

「久しぶり。〇〇。」
「ああ。つか結構会ってないな。1年ぐらい?」
「大体ね。どうよ?受験とか。そろそろ受験シーズンじゃん。」
「残念。俺はお前よりかは天才なんで。勉強がよく出来すぎて困ってんだよ。」
「何。自慢か。そんなにうちがバカだって言いたいんだー。いっぺんだけで良いから殺させろ。」
「口悪い。そんなんじゃ友達なんか出来ないんじゃねぇの?」
「それが何か?つか遅い。既に友達なんかいないよ。いるのは・・・・あのバカな男子だけさね・・・・人は嫌いなんだ。裏切るしね。」
「へー。つかお前、部活やってんの?」
「やってるつーか、やってた。過去形でね。今仮の休部中。ウチは退部する予定なんだけどね。」
「あ〜・・・あ!そーいやお前、アレ持ってる???」
「アレって何?なに言ってんの、バカッちゃないと???」
「すぐバカって言う〜。モテないぞ。って・・・・覚えてねぇのかよ。俺が修学旅行の時にあげたやつだよ。」
「ああ・・・多分ある。部屋のオルゴールの中に入れてあるよ。捨てるに捨てきれないしね。」
「そっか・・・お前、彼氏とかいる??」
「話の本筋分かんない。つかもう5時じゃん。帰って良い??あ、前にいたっつーか・・・・友達が勝手に盛り上がって、空気で告った感じ。別れたよ。あいつ2次元オタクだしね。」
「じゃあさ、俺と付き合わない?」
「却下。」
「返答早すぎ。つか顔赤いよ〜?告白されるのは初めてなんだ???」
「ふざけてるのわかってんだけどさ、ダルイし、つか俺みたいな奴と付き合うよりか、他の可愛い奴と付き合ったほうが良いと思うよ。ダルイ・・・・」
「しってた?俺さ、前から好きだったんだけど。修学旅行の時にあげた時から。」
「嘘!絶対嘘!」
「じゃあさ、今、お前好きな人とかいるわけ?」
「・・・・。」
「まさか先生とか?お前中一のとき塾の先生好きだったよなー。」
「いないね。つかあいつだろ?塾の先生。中川だよ。まぁ、今思えばバカバカしいね。ウザイじゃん。」
「まぁいいや。好きだ。付き合ってください。」
「は・・・?」
「今好きじゃなくても良い。これから好きになって欲しい。」
「・・・別にいいよ。私も青春を味わっておきたいからね。ただ、好きになれるかどうかはしらない。保証は無理。」
「素直じゃない・・・・」
「素直じゃねぇのが俺。自分の事〔俺〕って呼んでるしね。」

これが始まりだった。
セリフは大体こんな感じですね。
一字一句間違えずに・・・というわけではないですが、大体こんな感じです。

変わらないでいて欲しい・・・・

February 03 [Fri], 2012, 23:06
変わらないで欲しい・・・・

私の好きな人・・・
あの時、私はあなたと出会った・・・。

トラウマもあって、男子を嫌いでいて、人の信じられない私を優しく扱ってくれた。

私は貴方に「好き」という気持ちがバレてしまいそうでヒヤヒヤしていた。
でも、分からないよね?

お願い、貴方だけは・・・・
絶対に変わらないで・・・いつものままでいて・・・
たとえ時間が貴方をを変えようとしても・・・

私は・・・

私は頑張ってこの気持ちを消そうとするから・・・・貴方は自分の道を進んでね・・・
ううん。私なんかが言わなくても頑張ってるね・・・。

大丈夫だから・・・・。

私にも、また彼氏できたから・・・
今の彼氏には少し悪いけど・・・。
忘れて、その人を愛するよ・・・。

すごく辛いけど・・・・・・苦しいけど・・・耐えるよ・・・

お願い。
貴方が私のブログを見ているのなら・・・すぐに忘れてね・・・・貴方に危害は加えたくないから・・・・・・





バイバイ・・・・私の好きな人・・・・

ただいまです〜

February 02 [Thu], 2012, 19:13
ただいま京都、奈良、大阪から帰ってきました。

急に私の班の班長が休んでしまったので私が代理班長となった為、なおの事きついです・・・・
でも、楽しかったですよ!

お土産も買ったし、お土産も買ったし、お土産も買ったし〜♪

大阪ではUSJではしゃぎました。ただ、私の場合、心臓が悪いというか・・・・そういうのがあるからジェットコースターには乗れないのですね・・・・
ジョーズに乗った記憶はあるのですがね・・・・
ただ、私の班員がはしゃぎすぎてからジェットコースターに2回乗ってますからね。

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」
て思いましたよ。
ただ、あそこはお土産がとにかく高いですね。
キャラの特権使いすぎだろ!

二日目が京都探索。
清水寺でお守り買って、京都タワーでたこ焼き食べて、金閣行ってお札貰って、八ッ橋買って〜ww
タクシーの運転手が面白かったですね。ちょっとからかったら

「ちゃうちゃうww」

ですからww
その日の夜はホテルで舞妓さんを観賞。
ムショと変わらない入浴時間を終えた後でしたね。
てか、タクシーなんですけど、あれはタクシーというよりとても小さなバスですね。
ははww

三日目は奈良公園へ。
鹿と触れ合って、東大寺を見ていました。

柱くぐりとかもあったのですが・・・・
太った人がくぐろうとした時、詰まってから他の人に手を引っ張ってもらってましたね〔爆笑〕

まぁ、そんな所ですかね。
P R
アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販電子レンジ・オーブン・トースター通販カラコン 口コミ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:蒼色の天使
  • 性別:女性
  • 誕生日:1997年9月27日
  • 血液型:A型
  • 現住所:福岡県
  • 職業:小中高生
  • 趣味:
    ・折り紙とか・・・-折り紙って図形の問題の時とかに役立つんで、割と好きですね★
    ・音楽鑑賞-ほとんど吹奏楽の曲とか・・・あとはピアノの曲、【手紙】ですね。
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
星ふる夜に
» 緊急です! (2012年02月17日)
迷いの小人
» 悲しい。辛い。 (2012年02月07日)
星ふる夜に
» 悲しい。辛い。 (2012年02月07日)
りんどう
» 悲しい。辛い。 (2012年02月06日)
迷いの小人
» 時間は毒だね・・・・ (2012年02月06日)
星ふる夜に
» 時間は毒だね・・・・ (2012年02月06日)
りんどう
» ドラマみたいでね・・・ (2012年02月05日)
迷いの小人
» ドラマみたいでね・・・ (2012年02月05日)
りんどう
» ドラマみたいでね・・・ (2012年02月05日)
さっちゃん
» ドラマみたいでね・・・ (2012年02月05日)
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
ブログパーツ
dekiru音符
カラースクロールバー