あなたはだぁれ?? 

February 02 [Fri], 2007, 16:11
こんな占いが載っていました。



作曲家占い




早速占ってみました(^-^)v


あなたの作曲家: シベリウス (類似度 94%)

Jean Sibelius

1865年にフィンランドの小都市ハメーンリンナに生まれる。
5才の時にピアノを始め、後にバイオリンを習い、家庭内では姉のピアノと弟のチェロとの室内楽を楽し
んだ。
さらに独学で作曲法をマスターし、室内楽の作曲を始めた。
一度はヘルシンキ大学で法律を学んだが、やがてヘルシンキ音楽院の選科生となり、バイオリン、作曲を
学んだ。
4年間の音楽院在学の後、 政府から奨学金を受けて2度の外国留学(ベルリンとウィーン)に赴く。
作曲は主としてフィンランドの神話や伝説などから取材し、 民謡などを取り入れて、民族的な香りの高
いもので、 フィンランドの国民音楽を作り上げた功績は大きい。
その功績により、政府から終身年金を送られることとなり、 ますます作曲に専念することができた。
ところが、 1929年を境に創作活動はにわかに鈍り、謎の空白の30年間を 続けたあげく1957年9月20日夜
、脳出血によって91歳の生涯を閉じた。
代表作には8つの交響曲のほか、交響詩「トゥオネラの白鳥」、幻想曲「カレリア組曲」などがある。



シベリウスなあなたのための人生指南:

自由奔放さが、あなたの魅力。
目立つことが嫌いであがり症であるため、人前での行動は苦手でマイペースな人です。
しかし秘めた情熱をもつ、隠されたあなたの能力はすばらしいものです。
こつこつと努力をする能力にも恵まれているため、独自の方法により技術を会得していくでしょう。
仕事でも、音楽においても、それは同じ。
周りの人ははいつのまにか成長してい るあなたに驚くはずです。
また目立たないけれどもしっかりとした信念を持つあなたは、次第に周囲の人達を導くようになるでしょ
う。
恋愛に関しては奥手ですが、一人の人を大切に思いつづけます。
息の長い恋愛生活、結婚生活を送れるタイプです。


相性の良い作曲家: BACH


相性の悪い作曲家: SCHUBERT


相性の良い楽器: ピアノ、バイオリン


ラッキーカラー: 青



何だかシブいところが出てきたなぁというカンジです
作曲家といえば?と聞けば出てくる名前でないのがちょっぴりうれしいのは何故でしょうね



みなさんは誰でしたか??

2月1日の練習 

February 01 [Thu], 2007, 23:19
今回も小学校の芸術鑑賞の練習です。


まず“威風堂々”。
最初から最後までmf(メゾフォルテ)でテンポは書いてあるとおりで。



前回までの練習は何だったの?というようなカンジです。
何だかすっきりした感じがします。
みんな必要以上に吹きすぎていたんでしょうか??
たとえ楽な音量でも響きと音通りがよくないとダメですが…どうでしょう


次に“しるし”です。
メロディをうまく歌うのが難しいですね。
ミスチルっぽく吹きたいなぁと思うのですがなかなか・・・


そして次は“たらこ・たらこ・たらこ”です。
キーが合うかどうか?と録音していました。
原曲より1音低いのですごく暗く感じます。
この手の楽譜はほとんどといっていいほどフルートにメロディがありません。
クラリネット、トランペット、サックスあたりがいいところもって行ってしまいます
うらやまし〜



それから“世界にひとつだけの花”。
これも録音していました。
SMAPが歌っていたようにリピートを変更しました。



そして最後にパーカッションからのリクエストで“コパカバーナ”。
今回は冒頭のパートソロうまく行きました
耳からもお勉強した効果が出たのでしょうか??
・・・と安心していられません!!
暗譜で吹けるくらいにしなきゃいけませんねぇ・・・



練習の後、残れるメンバーが集まって鑑賞会の段取りを話し合いました。



プログラム

威風堂々 第1番
『ロミオとジュリエット』第2組曲より  モンタギュー家とキャピレット家
幻想的描写曲 ペルシャの市場にて (楽器紹介を兼ねる)


たらこ・たらこ・たらこ
コパカバーナ(リズム打ち参加)


アンコール
世界にひとつだけの花(みんなに歌ってもらう)






曲順はこんな感じになりました。
“しるし”は約1時間の持ち時間の中ボリュームがありすぎるかな?ということでプログラムからは除外。
当日楽譜を用意しておけば第2のアンコール曲にもなります


が!!


まだまだ問題が山積みなんです



『幻想的描写曲 ペルシャの市場にて』を楽器紹介と兼ねようか、ということになったのですが具体的にどう進めていくのか?ということ。
指揮者体験を盛り込みたいのですが、曲をどうするのか?ということ始め具体的な内容。
『コパカバーナ』のリズム打ち参加。
誰がどうやって進めるのか?



これが1番最大の問題かも…
司会進行を誰がやるのか!!


等々・・・・・


はぁ


台本も作らなきゃいけないだろうし、通し稽古もしなきゃいけないだろうし・・・
練習日が増えたことは言うまでもありません。



だから去年から言ってたのに・・・
早くしないと企画倒れになるって!!


忙しいのはみんな同じです。
ひとりで仕事がこなせないなら誰かに割り振ればいいのに…
うちの団長の悪いところです。


中学の先輩後輩の団長とうちの旦那さん。
うちの旦那さんからだいぶつついてもらったのですが一向に話が動く気配がなく、今年になってやっと動き出しました。
講師の先生が言っていた『小学生をなめちゃいけない!!』という言葉が鑑賞会終わってグサっと実感することになりそうな気がして・・・


やるだけのことをやって玉砕するならまだしもこんな中途半端な準備では・・・


あと2週間―――――。
どうなりますことやら・・・


とにかく頑張ります

1歳4ヶ月☆ 

January 30 [Tue], 2007, 14:00
うちの姫。
1月20日で1歳4ヶ月になりました。


身長78.5センチ  体重10.2キロ


決しておデブではないのですが顔はま〜るくぷにぷにしてます
同じくらいの子供といると大きく見えますね。



先日の身体測定の時に保健師さんと話をしていたことでふと気になったことを書きたいと思います。


保健師さん:おしゃべり上手ね〜10単語くらいはしゃべるのかな?
私:10個はしゃべれます☆



ん??
姫は一体何個しゃべるんだ????
という訳で帰って書き出してみました。


ママ(つい最近です、こう呼ぶようになったのは)
パパ  
じぃじ  
ばぁば  
にーちゃ(お兄ちゃんのこと お姉ちゃんもこう呼びます)
あしゅ(いただきます)
おっちゃ(ごちそうさま)
おいしー  
おいしょー(おいしそう)
じゅーしゅ(飲み物全般)
やちゅ(おやつ)
ぷーしゅ(スープ)
ぷしゅー(スプー 某局のキャラクター)
あーん(ごはん)
ぷーち(プーさん)
みーちゃん(ミッキーマウス)
わんわん
にゃんにゃん
ばいばい
おあよ(おはよう)
あちゅ(さむ)・・・何度言っても逆なんです、ナゼ??
めめ(メガネ) 
もち(電話)
あぶ(とうふ)
ちょっと
あめ・めめ(だめ)
もー
こっち
ここ
あーと(ありがとう)
どーじょ(どうぞ)
くちゅ(靴)
ぶー(車)
ぶしゅ(バス)
えんしゃ(電車)
あらっぽ(空っぽ)
ちょーぷ(大丈夫)
ないない
あんぱ(アンパンマン)
ぎゅ(抱っこ)
めーん(ごめん)
じゃー(お風呂)・・・露天風呂の写真なんかを見て“じゃー”って言ってます




言葉としてはこんな感じです。
ま、大半が通訳なしでは分からないですけどね


あと行動つきのものでは

こんにちは…お辞儀します
かしこい…頭をなでます
ぺちーん…悪いことしたらぺっちんよ!と怒ると自分でぺちーんといいながら頭をぺチンとしてます。
かわいい…手をほほに当てて“かーいー”と首を傾げます




こんなカンジでしょうか。
うっかり見逃したり聞き逃したりしてるのがありそう…


あといつも車の中で聞いてる童謡も反応する曲が増えてきました。
何を言ってるのかさっぱり分かりませんが姫的には一緒に歌ってるんだろうな、という時もあります。


“○○取ってきて”と言うと100発100中とは行きませんが取ってきてくれたり
“これポイしてきて”と言うとゴミ箱に捨ててくれることもあります。
だいぶこっちの言うことが分かってきてるんだなぁと感心します。



最近の1番のお気に入りは“バス”!!
見つけると“ぶしゅ!ぶしゅやね〜”と、とっても嬉しそうです



これからは・・・

私がフルートを吹いてるのを見て喜んでくれるようになるといいなぁ〜♪
…と思います

1月27日の練習♪ 

January 29 [Mon], 2007, 13:52
この日は講師の先生の初レッスン。


まずはいつもの基礎練習から。



“スケールその1”
5度ずつ移動していきます。
フルートの私にはそう苦にならないスケールなのですが、トロンボーンなどはかなり大変そうです。



“スケールその2”
団では“12音階”と呼ばれているものです。
『シ♭ドレミ♭ファミ♭レド〜』を四分音符、八分音符、十六分音符と進めていき半音ずつ12音階
…つまりオクターブ上がったら終わりです。
これが結構きつい!!
練習不足を痛感します


あとハーモニーなど3種類こなして終わりです。
今回もまた先生の鋭い指摘を受けつつ基礎練習は進んでいきました。



音を合わせにいかない
ブレスをすると音が変わってしまう。フォームを変えないで
口の中から響きを作るように


頭では分かってやっているつもりができていないんですね〜



さて曲です。
まずは『モンタギュー家とキャピュレット家』。
原曲ではなくアレンジしてある楽譜です。



この曲で注意を受けたのは
知っているようにやらない
近代曲なので同じパターンでは片付かない


一番言われたのがコレ。
曲の成り立ちをしっかり把握する(冒頭の不協和音)


ちゃんとバランスを取って不協和音を作らないとその後のシーンとした部分で笑われるよ、と。
あ〜笑われないようにしっかりやります・・・


次は『ペルシャの市場にて』


ひと通り通して先生が一言。
なんだか頭の中のイメージが悪すぎるんじゃない??


とっても下品に聞こえるそうです(T T)
とってもお金持ち・金ピカ・優秀・美人・男前・・・とにかくキンキラキンなんだから!!と。
その後『 市場の浮浪者達 』の部分が基礎でも言われた響きを意識して少しまろやかな音になった気がします。


『王女の到来』も指摘を受けてちょっとは変わったでしょうか(^-^ゞ
・1拍前の“シャーン”で幕が開く
・登場した王女はとっても美人!!スゴイ美人!!!



そして最後に、
バレエの最大の褒め言葉は『重さを感じなかった』だよと。
団員達から思わず苦笑が・・・
い、いろんな意味で頑張ります



最後に『コパカバーナ』
頭のソロ。
すっ転んじゃいました


リズムもしっかりよく見て練習しといてね〜
先生〜その笑顔で言わないでぇ〜
頑張ります!!


そして最後に先生から・・・

小学生は素直。反応も素直。
君達が来てもベルリンフィルが来ても反応は同じ。
下手なことをすれば素直に反応して笑われる。
子供達相手にするときはいつも以上にしっかり真面目に曲に取り組んで行かないと。



果たしてうまくいくでしょうか・・・
芸術鑑賞会


あと半月。
どんどん心配になって来ました

下がった・・・ 

January 27 [Sat], 2007, 13:46
みなさん!!


目はいいですか??


目が悪い方!!


メガネ派? コンタクト派?


3年位前までは“乱視”だろうなぁと思いつつも見えていたんです。
でも薄暗いレストランで演奏するようになり、さらにそこでホールとして働き始めると
とたんに見えずらくなりました
パソコンも頻繁に触るようになったので余計ですね。



遠くの人の顔はどんなに端正な顔立ちでもボケちゃって。
信号はお花が咲いたようになってるし。
きれいな三日月…なんて見ていたら月が3つに増えてるし!!


メガネ歴10数年の旦那さんに説明したところ、即!!
“メガネを買いに行こう”と言われてしまいました


それがちょうど3年前の今頃。


その後作っためがねで何の不便もなく暮らしてきました。


先日何気なく眼鏡屋さんに行って視力を測ってもらったら


店員:悪くなってますね
私:あの〜どれくらいですか??
店員:右が0.3  左が0.15です




はぁ???


またそんなご冗談〜
と思ったらホントでした!!


どーりで・・・・
テレビのテロップが見ずらくなったり、お店の吊りPOPが見にくかった訳だ
それに、肩凝りが多くなった!!


左目の0.15はさすがに聞いてショックでした


という訳で、3年ぶりにメガネを作ってきました。
ちゃんと視力検査しなおしてもらってレンズの度は前のより1段階(?)強くしてもらいました。


で、出来上がって今日取りに行ってきました♪


以前のは上半分だけ細いフレームがあるタイプでしたが、今回はセルフレームにしてみました。
濃い色は顔がきつくなるのでちょっと薄めの色です。



度数もすごく変わったわけではないので大きな違和感もなく、大丈夫そうです。
でもやはり慣れないので帰ってすぐケースにしまいました。
いつも家の中ではほとんどかけません。
だから私がメガネをかけると姫がちょっと喜ぶんです
外に行けると思って・・・



今度は旦那さんのメガネも作りに行かないと・・・

1月25日の練習 

January 26 [Fri], 2007, 13:42
来月、小学校である芸術鑑賞会の練習です。


まずは、そのプログラムの中の1曲“ペルシャの市場にて”です。


幻想的描写曲 ペルシャの市場にて   ケテルビー(Ketelbey Albert)(1875〜1945)

ケテルビーは異国的な描写曲を多数作曲しているイギリスの作曲家。
http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=20010809
特にこの曲は吹奏楽でもよく演奏される。

つぎのような副題がついている
1  隊商が近づいてくる。
2  市場の浮浪者達
3  王女の到来
4  奇術師
5  へび使い
6  太守の御通り
7  又もや、浮浪者達の声
8  王女の出発
9  隊商は旅を続ける
10 遠ざかった王女
11 市場はもとの静けさにもどる




吹奏楽でここまで場面描写がハッキリした曲をするのは初めてかもしれません。
メロディやハーモニーが心地よく入ってきます。
面白いですよね、この曲。
“分かりやすい”以外にもそう思う何かがあると思うのですが…
上手く言葉に出来ません



次に、エドワード・エルガー作曲、“行進曲 威風堂々 作品39 第1番 ニ長調”です。
http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=19990602


よく聴く曲ではありましたが実際に演奏するのは初めてです。
知っているだけに“知っているように・聴いたことがあるように”吹いてしまって上手くまとまりません。
もっと楽譜をしっかり見て吹かなきゃいけませんね。
しょっちゅう出てくる細かいフレーズも空で吹けるくらいにならないと


最後はJ−POP。
ミスチルの“しるし”です。
日本テレビ系列局にて放映されたドラマ「14才の母」主題歌・・・



原曲より3度下げてあります。(原曲は♭5個!!)
それで、でしょうか・・・
あの“裏声”っぽく聞こえないのは??


だいぶリズムも変えてあって…私としては原曲に近く吹きたいんですけどね
個人ではないのでそうも行きません

J−POPをやる時はいつも思うのですがもう少し“若々しく”ならないものかと思います。
ど―‥・・もムード歌謡のようになってしまう
あぁ〜ミスチルなのにぃ・・・


まだやらなきゃいけない曲はたくさんあります
間に合うのかな・・・


明日27日は今年初めての講師の先生のレッスンです。
また先生の魔法にかけてもらえるのが楽しみです♪

次回の応援 

January 24 [Wed], 2007, 1:06
昨年応援を頼まれて出演した室内管弦楽の定期演奏会。


今年の8月に開かれる定期演奏会(年に2回するそうで)にも出て欲しいと依頼されました。
その練習に20日に参加してきました。


管セクションでの合わせです。


ここの練習に参加すると後でなぜか凹みます。
ま、理由はハッキリしているのですが、だからなぜここで??というカンジです。
吹奏楽団ではあまり感じないことです。


さて今回の曲目はコチラです。

グルック(ワーグナー編曲)  ★アウリスのイフィゲニア序曲
モーツァルト          ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466
アンダーソン        ★ブルータンゴ
アルビノーニ          アダージョ
シュトラウス         ★トリッチ.トラッチ・ポルカ
ベートーヴェン        ★トルコ行進曲(ピアノとオーケストラのセッション)
カタロニア民謡        鳥の歌(チェロ独奏)
メンデルスゾーン      ★結婚行進曲
ブラームス         ★ハンガリー舞曲第1番(ピアノとオーケストラのセッション)



モーツァルトのピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466は降り番です。
ほっ


今回は曲名の前に★印がついているものを合わせてきました。
ほとんどだ・・・


トリッチ.トラッチ・ポルカは以前にやったことがあるので思い出しながらなんとか。

トルコ行進曲はピッコロしかないようなのですがフルートでも吹いちゃえ、と。
音域が微妙なので疲れた、というのが正直な感想です。


聴くとやるでは大違いというのはこのことを言うのでしょうか??
結婚行進曲は最低音が出てきたり高音のソのトリルが出てきたり…
中間部などのあまり耳馴染みのないメロディなところなんてホント危なかったです。


ブルータンゴは一部分だけ聴いたことがありました。
でもとてもあっさりした“タンゴ”でした
これから濃くなっていくのでしょうね☆


楽譜を渡されるまま、曲名もよく分からないまま吹いていたのでたぶんコレだと思うのですが
アウリスのイフィゲニア序曲。
なかなかいい曲だ、とは思えたのですが途中に出てくるフレーズと楽譜の見た目がまさに“エチュード”
一瞬ちょっとヒキましたが思ったほどではなくひと安心☆


ハンガリー舞曲第1番は私好みの曲調♪
でも渡された1stの楽譜は初見では難しかった
5小節目からの“タラタラタラタラタラ”(分かっていただけます??)はヤですね・・・


今回の演奏会は“ヨーロッパ遊覧飛行”とサブタイトルがついています。
ホントその通りでいろんな曲が吹けてちょっと楽しいです☆


春頃までは今回のように管と弦、別練習だそうです。
(うちの楽団も少しはセクション練習すればいいのに・・・)


ちゃんと練習します
今度練習に行って凹まないように・・・

阪神淡路大震災 =当時のこと= 

January 17 [Wed], 2007, 13:32
あれから12年が経ちました・・・


私が住んでいるところは震源地から直線で30Kmくらい離れています。


当時私は高校生でした。
早朝5時46分。
この辺りで震度5・・・??6くらいあったのでしょうか…


2段ベットの上の段で寝ていました(-_- )zzz
下で寝ている妹の上に落ちててもおかしくないくらいのゆれでした。


部屋は本棚から全部物が落ち、倒れることの出来そうなものは全部倒れていました。


電話は…つながってなかったのかな?
連絡もない(とれない…)のでとりあえず友人と学校に行ってみました。


途中何10センチも隆起してるところや水道管が壊れて水があふれていたり…
自転車で行くにはいろいろと障害がありましたが無事学校到着。
私たちのほかにも来ていました。
でもみんな徒歩か、自転車通学の子たち。
電車は止まっていましたからね。


学校はちゃんと建ってました。
校舎内のつなぎ目(アルミ板のようなもの)が取れていたり、数ヶ所ガラスが割れていたり。


先生達も来ている先生と来たくても来れない先生といたんじゃないでしょうか。
居合わせた先生と散乱したガラス片などを片付けて帰ってきました。



そして―――――。
家の中は・・・おかげ様でガス水道電気は大丈夫でした。


自分の部屋は散らかしたままにして。

テレビをつけると信じられない光景が…

あいた口がふさがらないってあぁいうのを言うんでしょうか(-_-;
どんどん増えていく死傷者と倒壊家屋の数・・・
地震直後に発生した火事の映像・・・



6400人以上の死者を出す大惨事になりました。



その後もあちこちで地震が起きるたびこの『阪神淡路大震災』のことが取り上げられますが、それ以外で話題になることも少なくなりました。


“1月17日”だから全国区のニュースで取り上げられますが、それ以外では何も聞かないですね。



起きてみないと自分のこととして考えにくい“災害”――――。
近くで起きてたはずなのに中心ではなくひとまわり外にいたせいかどこか他人事・・・


こうして毎日当たり前のように生活していられることを感謝して頑張らないといけませんね

結婚記念日 

January 17 [Wed], 2007, 1:20
ご結婚されているみなさま。


みなさんは結婚何年目ですか??
うちはまだ3年と少しの新米夫婦です


今日、私の両親が結婚記念日を迎えました。
それも・・・


30回目!!


夕飯の時、両親が『よくもったねぇ・・・』としみじみ言ってました
もちろん冗談ですよ


と、言う訳で。
主婦歴3年のわたくしが腕を振るいました!!


といえば聞こえがいいのですが…
『〜の素』とかを有効利用しちゃいます!!




メニューは…

マーボー豆腐
餃子
えびチリ
ふかひれスープ



中華のメニューにしてみました


餃子はちゃんと手作りです☆
明日の仕事のことも考えてにらとかは使わず、ピーマンと白菜を使います。
もう少し下味をつけておけばよかったかな、と反省


えびチリはなかなか上手く出来ました☆
殻をむいて塩もみし、水気を取ったあと片栗粉をまぶし焼いていきます。
あとは味付け♪
今回は春雨を巣揚げしたのを飾りに使いました。
パリパリしておいしかったです


みんなおいしいと言って食べてくれました。
餃子が何個か残ったので明日のお昼ゴハンになりそうです。
スープを作って入れれば『スープ餃子』
おいしいですよ♪


食後・・・


両親にある封筒を渡しました。
中身は??



結婚30年 おめでとうございます
真珠婚記念 1泊2日鳥羽の旅 ご招待



妹と私たちとで招待することにしました。


もう少し暖かくなった春頃・・・
こんなカンジのところへ招待したいと思っています。




いつも私たちが練習や本番でいない時、姫のお世話をしてくれているお礼
…だけではありませんが、それを含め色々です。


5年前の『銀婚式』の時はフリーターと学生だった私たち姉妹。
たいしたお祝いが出来ませんでした。
今では妹も働くようになってこういうプレゼントもできるよう(ちょっと頑張りましたけど)になりました


普段は口にすることはない感謝の気持ち。
今回はこんなカンジで妹と表現してみました♪

“吉” 

January 14 [Sun], 2007, 1:09
今年の冬はいったいどうしちゃったんでしょうね??
今日は風は冷たいですが車に乗っていると日差しが暑くって日焼けしそうでしたよ


今年はまだおみくじを引いてない!!
・・・というわけで行ってまいりました。


ここはまだ“お正月期間”なんですね。
出店も何軒か出ていましたし、お参りする方も結構来ていました。





この階段を上ると御堂があります。
たいした段数はないのに疲れてしまう・・・イヤですねぇ




お賽銭を投げ、お参りをします。
なぜか姫が嫌がってしまい手早く切り上げました。
何がやなのかな…??




お参りをして、左側へ行くとぐるっと回れるんです。
そこには千羽鶴やたっくさんの絵馬、そして金ピカのだるまさん。
確か“願掛けだるま”って言ったと思います。
だるまさんの頭をなでなで…その手で自分の頭をなでなで…
きっと頭が良くなる、ハズです
しっかり姫の頭もなでてきました☆



私はどんくさい指が動くよう、手をなでましたよ




先日のえべっさんで買えなかったコレ。
名前なんて言うんでしょう??
『商売繁盛・家内安全』
お願い致しますよ!!


そして念願?のおみくじ!!


吉でした
でも中に書いてあることはなかなか辛口なコメントでした。





で、うちの旦那さん。
うわさの…

半吉でした


とりあえずこれはこれで満足って感じでしょうか?


大学を受験する時、ここへお参りに来てじっくりお願いしましたっけ・・・
一願成就の神様だそうで…


第1志望校には見事にフラれてしまいましたが、
今の私があるのはあの学校に行ったからだと思ってますので充分願いは聞いてもらえているようです☆



もうすぐセンター試験ですね。
今受験でお休みしている生徒さんも受けるみたいです。



受験生、ガンバレ!!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆらゆら
読者になる
フルートとピアノと育児、それから吹奏楽団のこと。
日々のいろいろなことを少しずつ書いていきたいと思います。
頑張って更新していますので、ぜひのぞいていって下さい。
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる