そして、初デートへ

May 18 [Wed], 2011, 23:07
続きです!



4人で遊んでから
H君より
Tとのメールのほうが多くなりました。


そして
私は看護実習のために、
プチ一人暮らしをはじめました( ̄▽ ̄)


その部屋にはやつがでるんですよ!
黒くてカサカサして
すばっしこいヤツが!


そんなたわいもない話を
メールでしていました(^O^☆♪


そして遊んだ日から一週間も立たない日。
またしても
黒くてカサカサ動くヤツが現れました。
私は戦いました!

その間もTとメールして報告。
Tは仕事の休憩中でした。



『ばしっ!』
ついに勝った私は
嬉しさのあまり
思わずTに電話しちゃいました。


そしたらTは
一緒になって喜んで
笑ってくれましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ


(↑のちに聞いた話、電話がきたとき、かわいいなって思ったらしい)


そんなこんなで
ひさびさに
男子と楽しいメールをして
なんだか
心が温まっていました。


4人で遊んでから一週間近く立った夜。
ふと、『今年は海に行ってない』とメールがきました。

私は行ったのですが
『夜の海はいったことないんだよなぁ』
と返すと

『じゃあ行くか!』という話に!


まじっ!?
嬉しく思いました。
即、OKの返事を送って
なんと約束の日は明後日!
またまた
マジで!?
みたいな。


でも、なんだか
昔から知っている人と遊ぶみたいな気分で
違和感はありませんでした。






そして
デートの日。
12時に待ち合わせをしました。
待ち合わせ場所は
Tのアパート。
アパートについた私は電話。
かなり緊張しました。


Tと2人で
先ずは映画を見にいきました。
何を見たかは忘れました←


それから
海へと出発。
運転はT。


男子が運転する車に乗るのはひさびさで
なんだか緊張。
ドキドキ…。


走っている最中
いろんな話をしました。
Tの仕事の話。
私の話。
2人の過去の恋愛の話


そこから
好みの話になりました。

お互い
好きなタイプの話をしていたら
なんだか
『あれ?あたしって…もしかしたら友達の部類?』
と思いはじめました。Tがなんといったか
忘れましたが
海につく頃には
少しだけ
がくっときていたのは覚えています。


それでも
話しは楽しくて
すぐに笑顔はもどりました。


海に着くと
車からおりて
砂浜へ。
あたりは真っ暗。多少電灯はあるにせよ
暗い海はなんだか神秘的。
星もみえていました。

歩きながらまた話をして
車に一回戻りました。


車にもどってから
シートを倒して二人してごろん。
密着とまではいかなかったけど
なんだか
カップルみたい…なんて思っちゃいました。


だんだんと
会話が少なくなってきました。



このままじゃ
帰る時間になっちゃうな。
そう思い、私は言いました。


『もう一回、下までいかない?』


Tは返事をして
二人してまた車をおりました。

今度は
ちょっと急な坂を降りなくちゃならなくて。

私は行動に出ました。






続きです

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まぁ
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/0704tm/index1_0.rdf