昇格はおでふのもと。

April 17 [Tue], 2012, 23:40
楽しいと思ってた仕事を辞めなきゃならなくなった時は泣きました。
自分が患者として職場に通院。
当然、顔見知りの患者さんもいて…。
声を掛けたくても、私は患者…。


辛い現実から逃避するように、髪を金髪にし、友達と遊び歩くようになりました。

完治してなくても、遊びに行けるくらいにはなってたので。

家事は夫任せ、子どもたちのご飯は作るけれど夜中に遊びに出て朝帰りをしたり。

もうめちゃくちゃでした。

お金は掛けないように遊び、外で何かを食べたり飲んだりする時は友達のおごり。


こんな生活の最中に、ギックリ腰から椎間板ヘルニアへと昇格してしまった。

手術をするように言われていたが、仕事が仕事だっただけに、入院期間、入院費用、予後。
どれもが、頷けず却下。

一時期は歩くことも出来ず、本当に寝たきりでトイレにだけはハイハイをして行った。

床から便座に座るまでがかなり苦戦だった。


元同僚に紹介してもらった『カイロプラクティック』に通い、日常生活が出来るようになっていった。


益々、無理は出来ない身体になってしまった。



またまた前後してしまうが、老人ホームを辞めた後に運転免許を取得しました。

それからは車生活になり、歩くことも、自転車に乗ることも激減。

更には、主婦に逆戻りした上に、運動が出来なくなってしまったことも手伝って、おでぶ急カーブに突入してしまったのです。


そしてその急カーブには…。
もっと恐ろしいことが待っていました。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠璃
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/0577/index1_0.rdf