うぃっす(´∀`)

September 06 [Sat], 2014, 23:25


8月も終わり、毎週エイトに逢えてた贅沢すぎる日々が恋しくなっていた今日この頃…




9月なんもないなーなんて思い、クローバーの試写会当たるかなー





24時間テレビがもう1週間前!?と驚き、悲しんでいた矢先…






私にキセキが起きた。





な、なんと、家から1番近いチャリ3分圏内の高校で、まるちゃん主演『地獄先生ぬ~べ~』のロケが行われると言うのだ!




本日17:00頃帰宅した弟から『撮影やってたよ、丸いたらしい!』と報告を受け





24時間テレビの番宣や後の裏側番組などを見ながら余韻に浸っていた私は、




悲鳴をあげ、飛び起き、どすっぴんパジャマで家を飛び出そうと思ったが、母に止められ、着替えてマジバンを装着し、ほぼすっぴんだったが、構わずチャリで撮影現場まで爆走した。






何人か高校の回りを取り囲むギャラリーがいて、生徒役の青い制服をきた人々が正門の前で撮影していた。




が、私の目的はただ一人。





裏門にはロケバスが3台ほど停まっていた。





私は高校の回りをぐるりと一周し、一人の人物を待ち続けた。




おじいさんと少年に「何かやってるんですか?」と次々に聴かれたので






「関ジャニ∞の丸山隆平君のドラマを撮影しているんですよ。」と答えておいた。





時間が過ぎ、







校内での撮影は終了したかのような感じで機材の片付けが始まり、撮影関係のスタッフがいなくなっていった。




おそらく生徒役の人達を乗せたロケバスが2台去っていき完全に撮影終了してしまったのだと思い、諦めかけていたが





去っていった2台とは別の少し小さめのロケバスが私の側を通り抜け学校の向いの駐車場に停まった。





しばらく見ていたが、何故だか勘がはたらき怪しいと思った。




その後もずっと観察していたが、なんの動きもないので諦めかけ家路に着こうとチャリをおし、とぼとぼ歩いていると、道路を挟んだ向こう側の、閑静過ぎる住宅街に近隣の住民が群がっていた。




ん?、これは?と思い見ていると道を挟んだ反対側の通路に




白シャツに黒のスーツを履いた埼玉に似つかわしくないウルトラなイケメンがスタッフを2人前後に挟み颯爽と歩いていった。




いったいぜんたいなにが起きたのか……




え、え、、え、、、





え、『まるちゃん!?』





声もでなかった。一瞬過ぎる出来事。認識するのに時間がかかった。時がとまった。まさか……




パニックに陥り、歩き去ってしまった後も




なにが起こったのかわからず、思わず帰ろうとしてしまった。




しばらく自転車をこいだあと、あっっと引きかえし、駐輪出来そうな場所を探し、近隣住民が群がっていた場所に合流した。





撮影は行われていた。






おそらく、ぬべやませんせいが住んでいる?アパート?なのか、住宅街を歩いている撮影。




『なにっっ!?』て言ってたよ




黒い鞄を肩にかけて黒い革手袋を着用し、何カットか撮っていた。




水晶球をもって歩いていた。




カメラに向かってセリフを言うカットも撮っていた。






本番の前にリハーサルみたいなのをし、本番の合間に笑顔でスタッフさんとお話準備中はイスに座って休憩。





途中であめがぱらつき、パラソルでさされながら撮影していた。






ああ、近い。かっこいいー細い。イケメン過ぎるー。まるちゃんはふざけてなかった。短いカットだけど、緊張感が伝わる。






スタッフさんも照明を移動させたり交通整理をしたりと、忙しそうだ。






1時間か2時間ぐらい撮影を観察し、辺りも気が付くと真っ暗になっており、いよいよ雨も本降りから土砂降りに代わり始めた頃





撮影が一段落したようで、スタッフさんに場所の移動をお願いされた。







私は傘をさしていたので群衆と少し離れた後ろの方に移動した。すると、押し殺したような黄色い歓声があがった。





丸山君が撮影を終えて、ロケバスに戻るためこっちに歩いてくる。






狭い道でギャラリーが一列になる。




私は少し離れた所にいたため、






必然的に、丁度列の一番最後に並ぶ形になった。





大きなパラソルをさされた丸山君が歩いてくる。




私は思わず、両手で手を降っていた。





丸山君はこっちを見て笑顔で手を振り替えしてくれた。






その距離なんと1mほど






パラソルの影から、湿気で少し乱れ雨に濡れた髪がかかった愛嬌のある笑顔が覗いていた。





野だぬきの少し照れたはにかんだ笑顔の感じ。





ああ、土砂降りも気にならない。





傘から覗くので小首を傾げた感じになって、風邪に吹かれた前髪が魅力を底上げしていた。




ドイケメン!





こういうとき、記憶障害が起きそうになる。見たのに見ていない感じになる。覚えているのに、覚えていない感じになる。






彼が去ってしまい、ギャラリーも解散したので、土砂降りの中、高揚感と満足感と幸福感とを胸に抱いて帰路についた。




土砂降りもむしろ演出。






始めてみた地元での撮影が関ジャニ∞の丸山隆平くんのドラマだなんて、なんだこの幸せは。





偶然か必然か。





ニズムまでもう会えないなあーと思っていた矢先。






まさかのキセキ。








3週連続逢えた。







毎日通ってる道をまるが通っていた。






私の住んでいる町をまるちゃんが訪れている。





まるちゃんが私を認識してくれた。







幸せ過ぎてなんやねんこれ、






まるちゃんありがとう過ぎる!





知っている場所がドラマにでるの楽しみだ♪






地獄先生ぬ~べ~ありがとう過ぎる。






ロケ場所選んだスタッフさんありがとう過ぎる!





撮影はまだまだ今日クランクインのため、またみにいけるチャンスはあるはず






教えてくれた弟と弟の友達ありがとう過ぎる!







まるちゃん撮影頑張って!応援してます(´∀`)




以上、私に起きた10年目のキセキでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:0509eight
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像Chi〜!
» リア充 (2011年03月26日)
Yapme!一覧
読者になる