引っ越しました 

2006年11月18日(土) 16時43分
ご無沙汰してしまいました。さぼっているうちに、ずいぶんと寒さが増してきましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?さて、さぼっていた言い訳をするわけではありませんが、、、このたび組織変更&事務所移転をいたしまして、ずいぶんと忙しかったのです。それに伴い、ブログサイトも引越しとなりました。新・塗り壁日記はこちらです。今後ともよろしくお願いします。ペインター ヤマグチオサム

神戸、その後(最終回) 

2006年10月03日(火) 7時45分


リビングルーム。ベースカラーに「BOWL」を選び、和室に面した1面、引戸も壁とみなして「GRAZING DINOSAUR」を塗りました。引戸を閉めると、1面の壁となります。
部屋の3面にベースカラー、1面だけ色を変える手法は「フィーチャーウォール」と呼ばれていて、カバードインペイント本社のあるオーストラリアをはじめ、DIY先進国では一般的な方法なのです。
自分の部屋は、賃貸であろうが購入したものであろうが、自分の好きな色でペイントするの、というのが普通に行われているし、大半の方は自分でペイントしているようですね。

こちらのご主人は、僕が選ばせていただいた壁の色に合わせて、家具の色を選び新調。リビングルームでより快適に過ごすためにそこまでする、先進的な方なのでした。この空間の中で、質の良いソファーのホワイトが、上手く効いていると思います。

そして、、
バスルームを改装されたのですが、ユニットバスのプラスチック感を避け、以前のタイルの上に、またタイルを貼る、という方法で、シンプルなモノトーンのバスルームになりました。
実はバスルームに隣接した坪庭があって、その塀に「GIORGIONE」を塗りました。
扉を開放すると、、、素敵な露天風呂になります。これから良い季節ですね、この色は本当に時間帯によって見え方が変わりますから、そのへんも楽しんでいただければと思います。



壁の色が変わるだけで、空間の雰囲気は劇的に変化します。一番手軽で効果的なリフォーム、とも言えるのではないでしょうか。
普段は意識しないけど、常に視界に入るモノ、壁はインテリアの基本だと思うのですが、なぜか日本では軽視されがちですね。
そろそろ、みなさんも「白いビニール」に囲まれた生活から脱して、自分らしい空間作りにペイントをしてみたらいかがでしょうか?

Fさん、写真の掲載をご快諾いただき、有り難うございました。

神戸、その後(インテリアその2) 

2006年09月29日(金) 13時32分
玄関には2階天井まで続く吹抜けがあり、高い位置に黄色のステンドグラスがはめ込まれています。
そこから黄色い光が壁の上方に広がるのですが「グリーンを塗ったら、キレイなグラデーションができるんじゃないかな」と思い「SLIPPERY」という色を選びました。
写真でわかるでしょうか、、、



かなり思惑通りにイエローからグリーンのグラデーションができました。
「SLIPPERY」も落ち着いたグリーンで、壁の絵画や花を引き立てます。



玄関〜廊下部分は、このような色分けとなっています。
「白」というと一番ふつうな、よく使われる何の特徴もない色、というイメージですが周辺に色を入れ塗り分けると、とてもオシャレな感じに見えてきますね。

次回は、インテリアその3、最終回です。

神戸、その後(インテリアその1) 

2006年09月26日(火) 17時03分


インテリア編。まずはキッチンからです。
以前は上の写真のように、キッチン部分は白いタイル貼り、他の天井・壁面はクロス貼りで、奥様の趣味が活かされた素敵な小物や調理器具・食器などが置かれ、古いながらも掃除が行き届いて小綺麗なキッチン、という印象でした。
タイルの「白」を活かすにはどんな色が、、、と思案した結果



「SPICED ORANGE」という、名前もキッチンにピッタリのカラーに。
天井は「IMPLOSION」という、少しくすみのある落ち着いたホワイトで塗り分け、広がりのある印象になり、空間にメリハリがついて、明るくて楽しい雰囲気になりました。
このオレンジも、鮮やかさと落ち着きを兼ね備えた色なので、ある程度の広さに塗っても決して「派手」という感じはしません。



タイルの白とも相性が良くて、お互いを引き立てている感じです。料理やお菓子作りの好きな奥様が、以前に増して、楽しくキッチンに立っておられると思います。

次回は、インテリア編その2、です。

神戸、その後(エクステリア) 

2006年09月25日(月) 12時19分


以前にご紹介した、神戸でのコンサルテーション。
塗替え終了後、家具やインテリアも整ったということで、完成の様子を拝見しにお邪魔しました。
上の写真が、ペイントする前の状態。そして、、、



「CORINTHIAM」「JUTE」「CAVE」という名前の、同系でトーンの異なる3色で塗り分け、立体感を活かした塗り分けを行いました。小さな色サンプルでは「ちょっと暗いかなぁ」と思える色も、広い面積に塗ってみると映えるものですね。
庭の塀も塗ったのですが、ペイントする前の状態は、、



重厚なアンティークのガーデンテーブル&チェアも、なんとなく寂しげな感じが、、
そこで、外廻りのアクセントカラーとして「GIORGIONE」を塀に塗り、リビングから見える、植栽やガーデン家具を引き立てるようにしました。



ペイントは全てカバードインペイントのSTONE BOLD(ストーンボールド)。グラススフィアの効果で透明感のある美しい仕上りとなりました。そして、天気や時間帯で色の見え方が変わり、ちょっと違った印象に見えるのも楽しんでいただければと思います。

次回はインテリアをご紹介します。

ZAIM 

2006年09月17日(日) 15時42分

横浜・関内の中心、日本大通りにある歴史的建造物「旧関東財務局」が、「ZAIM(ザイム)」と名を変え、芸術文化の創造活動の拠点施設として利用されています。
1928年に創建された古いレンガの外観が、とても素敵な建物です。
が、しかし、、、内装があまりにも、古いというよりはボロい。

ということでエントランス部分をペイントさせていただきました!


エントランスを入ってすぐの空間は、古びた石貼りに合わせてカバードインペイント「ASPRISO LIMEWASH」で。奥の空間、あまりにも事務所的な天井は、パテで穴を埋めてからカバードインペイント「STONE BOLD」を、壁面は「STONE COARSE」2色使いで塗り分けました。そして、アルミの扉枠には「BLACK DIAMOND」を塗り、黒で全体を引き締めながらもキラキラと美しく煌めきます。
古びた外観と調和させながらも、ポイントに明るめのレンガ色を使い、道行く人の視線を集めることができました。

近くに行かれた時には、ぜひ前を通ってみて下さい。

福岡・博多天神 

2006年09月09日(土) 9時39分
福岡・博多の天神に「VIORO( ヴィオロ)」というファッションビルが建設されました。
その2階にある「carlife(カーライフ)」というお店の内装をお手伝いしてきました。もう既に、キレイに内装は仕上がっていたのですが、、。
かなり古びたアンティーク家具を置いているので、新しく作った棚やテーブル、あるいはレンガ積みの壁がキレイすぎて、雰囲気のバランスが釣り合わない、ということで、今回は「汚し」に行ってきました。

キッチリと積まれたレンガの壁、まずはトンカチで目地やレンガを叩いて破壊。そこに古さを醸し出す手法、いわゆるエイジングペイントと呼ばれているようなことをして、雰囲気を出したのでした。

他にも、棚や家具もアンティークに見えるように手を加え、鉄製のサインは酸化剤を使ってサビを付けたりと、だんだんと店内のイメージがまとまってきました。

いつもはキレイにするのが仕事ですが、時々依頼される今回のような仕事も、また違ったオモシロさがあります。そして、せっかく福岡に行ったのですから、仕事のあとは屋台でビール、特に目の前に並ぶ食材を選んで揚げたてをいただく、天ぷらの屋台が気に入りました。

陰影 

2006年08月29日(火) 11時25分
ある新築住宅で、とても良い感じにカバードインペイントを使っていただきました。
こちらの写真はSTONE BOLD
壁、天井ともにペイントされていますが、日光の入り具合や照明の当たり方で、いい具合の陰影が見えてきます。
ツブツブのあるペイントですが、見た目と違い、表面を触るとサラッとしていて、水拭きもできるしメンテナンスも容易です。
特に天井が美しかったので、写真に収めてみました。自然な陰影があって、無表情な冷たい感じではなく、暖かく優しい空間になった思います。


こちらはSTONE COARSE
BOLDよりも粗いテクスチャがあります。
力強い印象のペイントですが、今回、鮮やかなイエローを選んでいただいたて、階段を上って行く時の左側の壁、ポイントになる壁1面に使ったのですが、とても効果的で、洗練された雰囲気になりました。

その他の場所にもASPRISO LIMEWASHを使っていただきました。
全体にバランス良く、ペイントの特性を活かした使い方をしていただいて、嬉しい限りでした。

横浜 

2006年08月29日(火) 10時53分
横浜の関内地区には多くの歴史的建造物と呼ばれる、古くてカッコいい建物が点在しています。途中で立ち寄った横浜球場近くのカフェもそのような建物に在り、お店の方に伺った話では、現在この地区は再開発の話が進んでいるそうで、古い建物を取り壊す意見と、それに反対する意見が対立しているそうです。

仕事で時々訪れるシドニー、中心地のショッピングモールなども、築100年ぐらいの建物と近代建築が見事に融合されていて驚いたことがありまが、僕は古い建物は大好きだし、そんな建物ほど、天井は高く内装の作りも重厚感があって、ペイントを使ってリノベーションするには最適なので、ぜひ残して欲しいです。
そして単純に、最近の味気ないビルよりも、古い建物はずっとカッコいいと思うのです。


これはもう!中田市長と直接話すしかない!
彼は若く、頭も柔らかいはずだし。
さっそく、市長室で時々開催される「カレーランチミーティング」に応募しようと、横浜市のウェブサイトにアクセスしたところ「現在、募集の予定はありません」と、残念。
アイデアは良いと思うし「カレー」というのも素敵なので、ぜひ月1回、開催して欲しいです。

そういうわけで、こういう建物の内装、イメージ通りのカラーでペイントしてみたい、と夢見る今日この頃です。

写真の建物は、もう長いこと使用されずにいる、廃墟のような建物。

deep green and yellow 

2006年08月04日(金) 14時41分
ウチの会社の車。UAZ(ワズ)というロシア製のバンですが、深いブルー寄りのグリーンで、ペタペタっとした感じの塗装が、ちょっと現代の自動車メーカーでは有り得ないクオリティで、またそこが良い雰囲気を醸し出しています。写真でもツヤのムラ具合がわかりますね。

今日はこの車に、カッティングシートを貼りました。

両側のリアサイドにはロゴを、後の観音開きのドアにはURLを、それぞれ貼ったのでした。
このグリーンイエローの組合わせは、名刺やウェブサイトのデザインとも統一しています。
すごく目立つのですが、なんとなく眼にも優しいくて、すこしカワイイ感じがする、色の組合わせです。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
アイコン画像ズ ル ム ケ自慢の奴涙目w
» 引っ越しました (2009年12月26日)
アイコン画像Оバックktkr!!!
» 引っ越しました (2009年12月11日)
アイコン画像負けても痛くねーしwwww
» 引っ越しました (2009年11月30日)
アイコン画像これなんて魔法?www
» 引っ越しました (2009年10月10日)
アイコン画像男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww
» 引っ越しました (2009年06月14日)
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» 引っ越しました (2009年05月11日)
アイコン画像前かがみ
» 引っ越しました (2009年05月05日)
アイコン画像褌一丁
» 引っ越しました (2008年10月17日)
アイコン画像にょき
» 引っ越しました (2008年10月11日)
アイコン画像をとこ
» 引っ越しました (2008年10月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:036shed
読者になる
Yapme!一覧
読者になる