最後… 

2007年02月24日(土) 20時49分
今までこんなに苦しい事なんてなかった…
むしろ,楽しかった。先生が近くにいて笑ってくれて,話しかけてくれる事が…

椿は一晩中泣いて悩んだ…

次の日
朝の椿は,生きているかいないかもわからない程ボーっとしていた…
それでも学校だけは行こうと思い学校へ向かった。

坂を登っている間,坂を下っている間,道路を渡っている間,椿はずっと考えた…

学校に着いた椿は下駄箱で大きくため息をついて、一言言った
「はあ…………部活休も」

椿はとにかく先生に会いたくなかった…

先生の真実 

2007年02月24日(土) 15時37分
「何?」

先生が怒るのも無理はない…
でも…

「先生,今日はホントにいいや…ありがと」

苦笑いしか出来ない椿…
どうしたらいいんだろう,
心の中がいろんな気持ちでグチャグチャだった…

その中でもただ一つハッキリしてるのは…
【先生には彼女がいる】

「あっそ…」

先生はそっけなく怒って職員室へ戻った…

「センセ………ェ………」

小さく呟いた椿は家へと帰った

先生と2人で… 

2007年02月22日(木) 18時25分
「椿ッ!!」

えっ…………………
今…椿って呼んだのは誰……?
声は確かに先生だった。でも【椿】って………

またすぐに振り返った。

そこには走ってきて息を切らしてる先生がいた。

「先生………?」
「雨………」
「え…」
「雨まだ降ってんだろ…はあ」
椿のために一生懸命走ってきてくれた先生…
それでもいい方に考えれば考えるほど「先生には彼女が…」と逆に辛くなっていた。

「………うん」
「乗ってけよ」
「いい」

嫌だった。彼女がいる先生にはもう………関わりたくなかった。先生はなにも悪くないのに…でも攻めてしまう自分が一番大嫌いになっていた…

「なんでたよ」
「いいよ」
「俺も今日はもう帰るから乗ってけって」
「いやだって言ってるじゃん」
椿はついにキレて泣いた……

最悪だ…私……………

自分を思い詰めて……泣いた。

先生の彼女 

2007年02月22日(木) 15時04分
送ってくれるという優しい気づかい…
でも彼女のいる先生にそんな風に優しくされても彼女には到底勝てない…

勝負だってする気はない…

こんないろいろな気持ちが入り交じっていた椿は帰ろうと校舎内を一人で歩いている…


しばらく呆然と歩いていたら後ろから名前を呼ばれた気がした
「え…………?」

急いで後ろを振り返ったが誰もいなかった。

先生が… 

2007年02月22日(木) 0時05分
涙を必死に止めた…
でも止まらなかった…

部活が終わって,帰りのミーティング・・・

部長が進行して先生の話も終わった…
いつも、杉崎要という女子と一緒に帰っている。

でも今日は一人だった…

ホントに先生が送ってくれるの…??

恋愛相談 

2007年02月21日(水) 20時31分
ここわみんなのお悩みを聞きますッイイ
先生が好き~とか好きな人がいるとかヘヘ

なんでもオケイ

先生の彼女02 

2007年02月21日(水) 20時03分
しばらく沈黙が続いた…,
そして先生が口を開いて一言言った…

「いるよ」

え…………………?
今…なんて言ったの?
椿はショックが大きくて涙がこぼれおちた・・・どんどん溢れてくる,

「なあんだあ!いるの‐」

曜子は残念そうに言った…
でも曜子なんかよりも,もっともっと残念に思った椿………

「ほらっもういいから部活いけってば!」

先生は少し焦りながら話した。いや…照れながら………

「はああい。ぢゃあねゆたかちゃん!!!」
「おう」

しばらく放心状態の椿…

「っ…………ふぇ………そお…だょね………彼女ぐらい…いるよ…ね…」

泣きながらも一人で呟いた…

先生の彼女 

2007年02月21日(水) 19時54分
それでもやっぱり会話が気になる椿…
廊下で会話を聞いていた…
もちろんいけないとも思ったけど,自分に言い聞かすのが無理だった…

「そうだよ」

先生はいつもみたいに返事をした

「ふーん」

今度は【南曜子】が言った

「ね、先生って彼女いるの?」
椿はドキドキしてた…
いるか。いないか

やっぱり先生が好きです… 

2007年02月21日(水) 11時14分
先生は普通に言った…

「車出してやるよ」
「え……でも」
「いいから!!」
「会議とかないの?」
「ないよ‐」
「暇人‐(笑)」
「送んねーぞ,こらッ(笑)」
「(笑)あはっ!!嘘だょお,ありがと」
「ん…」

先生に送ってもらうのなんてもちろん初めての椿…
心の中ではすっごく喜んでいる
と…そこに後輩たち4人がはいって来た

「あれぇ‐!!??ゆたかちゃんだあ!」

後輩たちの中でも中心的存在の【川原静香】が言った

「なんだよお前ら…早く部活やれ!!」

めんどくさそうな先生…

「え‐!そんな事言わないでょお!!」

静香は先生にくっついてきた

椿は見ているのが嫌になって部室を出た

「あの人部員‐??」

先生には… 

2007年02月20日(火) 23時21分
気軽に毎日話しかけてくる先生は他の生徒からもかなりの人気があった…
でも私は無理もないと思っていた…
見た目,スタイル,性格,知識…すべてがすべて完璧な人だったから。

年は私達とあまり変わらない,24才だった…
年が近いからか,生徒とは話も会うしかなり仲のいい生徒だと先生の過去の話までしてくれるらしい…恋愛話まで…

ある日の放課後…
外はだんだんに曇ってきていた…私は傘も持ってなく,どうしよおかと思いながらボーッと部室に向かっていた…

遠くではいろんな人が楽しく話していて,みんな部活に向かっていた…

部室に着いてドアを開けた私…
ガラッ
「また一番だね…(笑)!!」

そこには誰よりも早く先生がいた…

「ホントだあ‐」
「今日は欠席が多いぞお‐!!」「え?!なんで!?!?」
「ほらッ!!」

大量の欠席届だ…

「すごい量…」
「だろ?」
「お前の学年お前一人だぞ??」「え‐!!!!!!!」

私は,一人なんだという事よりも帰りに帰る時一緒に傘に入れてもらえないと思った…

「まあ一人になるくらいいいじゃんよ」
「それはいいんだけどさあ。別に後輩だっているしさあ」
「じゃあ何が嫌なの‐?」
「雨…」
「は…?!」
「雨降ってるじゃん!!傘持ってないから友達に入れてもらお‐と思ったのにィ…」
「あらら‐バカだなあ‐…」
「怒))ばかじゃないもん」
「送ってってやるょ…」
「え………………?」

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:井上 椿
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-吹部だょおイイ
読者になる
こんな椿ですがあ~イ
よろしくだねッ(笑)))ぇあッ
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像
» 最後… (2007年03月10日)
アイコン画像
» 最後… (2007年03月02日)
アイコン画像あー汰
» 最後… (2007年02月24日)
アイコン画像椿
» 祝~お初ッシ+゜ (2007年02月24日)
アイコン画像
» 先生の真実 (2007年02月24日)
アイコン画像もんち
» 先生と2人で… (2007年02月24日)
アイコン画像あー汰
» 先生と2人で… (2007年02月24日)
アイコン画像
» 先生と2人で… (2007年02月23日)
アイコン画像芽衣
» 祝~お初ッシ+゜ (2007年02月22日)
アイコン画像あー汰
» 先生には… (2007年02月22日)
Yapme!一覧
読者になる