72の法則 

2011年02月25日(金) 22時25分
皆さんは72の法則をご存じでしょうか?
72の法則とは、72を現在の金利で割ると元金が2倍になる年数が
算出されます。 

(例) 金利が0.2%の場合  
  
    72÷0.2=360 

    0.2%の金利ですと、倍になるには360年掛ります。

(例) 金利が2.0%の場合

    72÷2=36

    2.0%の金利ですと、倍になるには36年掛ります。 

今から21年前の平成2年当時の預金金利(普通預金)は2%でした。
付け加えると郵貯は3.0%で、終戦後、約30年に渡り普通預金が
2%と言う状況でした。

その上、昭和40年代から平成3年頃まで、郵貯の3年以上の定期
預金は5%代をキープしていましたので、手持ち資金は確実に2倍
になった時代がそこにあった事になります。

ちなにみ、現在の低金利はいつから続いているのか?と調べますと
平成9年以来14年間ず〜っとなんです。

平成8年に消費税が3%から5%に変更となっていますが、その点
と何らかの関わりがあるなら、今後利息の上昇は望み薄でしょう。

※金利の出所 総務省統計局 

プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:0120122296
読者になる
火災保険は「いつか使う生命保険」と比べると「一生使わない保険」と 言っても過言ではありません。大切な「資産」であるマイホームの 「保険」と「貯蓄性」を兼ね備えた保険に見直す「火災保険の見直し」を 推進しています。加えて、シニア世代のライフプラン設計のお手伝いを させて頂きます。
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる