記憶

April 21 [Mon], 2014, 2:16
人の記憶ほどいい加減で、自分の都合のいいようにゆがむものはない、と思う。

夫と別居後、うらみ、絶望感、かなしみ、むなしさ。いろんな思いで、どれだけ泣いただろう。

数年前からつけていた日記を読み、その内容から、夫婦の亀裂がすでにたくさんできていたことに気づいた。

私は気づかなかった。家庭を守ることで精一杯になってた。相手は、とっくに私への愛情もなく、いいように利用し、こきつかい、性のはけ口としていたみたいだ。
そんなに大事にされていなかったのに離婚しなかったのは、ともに築いていると思ってたから。家庭も、商売も。
どちらも、相手にはそんな気持ちはひとかけらもなかったみたい。

ひどい浮気、そして尋常じゃない暴言。人でなしな行動言動。そんな人と離れられて、私幸せだったと思いたい。

次に歩む人生は、後悔しないで生きていきたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もちもちSana
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/010812/index1_0.rdf