母の指にジュエリーリフォームされた指輪

September 08 [Wed], 2010, 19:20
私の母もジュエリーリフォームをしたことがあります。

もう数年も前になりますが、いくつかの指輪を二つにしたのです。

宝石箱の中には「もうしないけど捨てられない」「サイズが合わないから細くなったらつける」といったものが数点あり、それを集めてやってもらったという感じです。

おしゃれ知識のない母が、なぜこんなことを?
と思ったのですが、母の妹たち、つまりおば様方が数人それをやったので、薦められたのです。

おば様や専門店の方と相談しながら進めたようなので、原形は見ていませんが、ジュエリーリフォームされたものは、とても形がよく、ゴージャスになっていました。

プラチナとゴールドが上手く配置され、小さな石がちりばめられた大きめの指輪に、指にそったラウンドのあるシンプルなものの組み合わせです。

勿論、単品でもつけられるので、3通りの使い方が出来ます。

結婚式や旅行などのイベントの際にしか身につけないようですが、普段は地味な母の指に、ジュエリーリフォームされた指輪が出番を待っていたかのように嬉しそうに見えたりします。

身につけられることなく宝石箱の中で寝かせておくより、新しい命を吹き込んであげたほうがいいようですね。

ジュエリーリフォームは、東京で25年の実績

大事な思い出の詰まっているジュエリーリフォーム。現代のデザインを取り入れて「生き返らせる」のが、その大きな役目のひとつです。リ・ジュエリー協会の会員の当社では、豊富なデザインと25年以上という長い年月の経験を持っています。

そのため、ジュエリリフォームは、安心・安全、そしてスムーズに行うことができます。多くのお客様からのリピートがそれを証明しています。ぜひ、失敗しないジュエリーリフォームは、信頼のおける当社のノウハウで、行ってください。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:宝石の守り人
読者になる
こんにちは。宝石大好きな私が綴ります。私自身学習しながらやっていきますので、つたないかもしれませんがよろしくお願いします。
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる